アンドロメダ 銀河。 銀河×アンドロメダ星雲衝突は約40億年後。そのとき地球の空はこんなすごいことになっている(NASA)

確かに、彼女は肉眼で自分を見ていますが、双眼鏡や望遠鏡で見るとずっと良く見えます。

最もよく知られている伴銀河である、 NGC 205 は容易に観測できる。

私たちの銀河系の直径が10万光年ですから、それよりもはるかに大きいことがわかります。

曇り空では、何も見えなくなり、観測を延期する必要があります。

その中心は地球から5400万光年ほど離れたところにある。

アンドロメダ銀河は地球から肉眼で確認できる最も遠い天体といわれています。

天の川銀河の大きさが10万光年であることを考えれば、ほとんど天の川に寄り添うように存在している。

太陽系の外にも生命体はいるのか 生命の存在が示唆されている天の川銀河 太陽系を含む天の川銀河には、私たち以外にも知的生命体がいることが以前から示唆されています。

アンドロメダ座方向にあるM31(アンドロメダ銀河)、M32、そして我々の天の川銀河などとともに局部銀河群を構成しています。

その頃には、太陽が の軌道上に達するまでに膨張し、地球を焼き尽くしているという。

49
しかし実際に衝突したらどうなるのかというと、予測ではアンドロメダ銀河の重力に太陽系は天の川銀河からはじき出され、アンドロメダ銀河に融合するのだと言われています アンドロメダ銀河の中心部には2つの核が観測されます
およそ1兆個 のから成るで、直径22~26万光年 と我々の天の川銀河(直径8~10万光年)よりも大きく、で最大の銀河である だが、上下方向へはなかなか大きく移動できない
今年はフルサイズCCDを有した冷却CCDカメラと、最新のタカハシTOA130S望遠鏡にフラットナーを取り付けて撮影を行いました はによるの灯火管制の中、ウイルソン山天文台の100インチ望遠鏡を使って観測を行い、銀河中心部の星の分解に成功している
約40億年後には 、それから約20億年かけて1つの巨大な「ミルコメダ Milkomeda 」を形成するか、 巨大な円盤銀河を形成する と予想されている 40億年後の空で何が起こるのか? NASAが考えるシナリオでは天の川銀河が野球のバットで、アンドロメダは本塁めがけて飛ぶ球
アンドロメダ銀河の中心核 アンドロメダのおへそは青い! NASAアメリカ航空宇宙局のハッブル宇宙望遠鏡HSTがアンドロメダ銀河の中心部を詳細に観測し、 巨大ブラックホールの周りに生まれたばかりの青い星が集まっていることを発見しました 2番目のNGC 205は、はるかに大きく、遠くにあります
空の条件がよいところでは肉眼でも微かに見え、双眼鏡を使えば多少の町明かりがあるところでも見ることができる 68倍の距離にある
また、円盤部分にも、赤い星雲、そして青く輝く若い星とそれらが作る散開星団が卓越している場所があり、星形成が銀河の中心から渦巻きの外側へと連続的に伝搬しているようすが見て取れます 非常に遠い天体ではありますが規模が大きいため、暗い夜空だと肉眼でもぼんやりとした雲のように見ることができます
この衝突による地球と太陽系の運命はまだ分かっていない アンドロメダ銀河は、星空で輝く銀河の中ではとても大きくて明るいので、空の暗いところでは肉眼でもボンヤリとその存在がわか るほどです
双眼鏡で彼女をよく観察してください を使ってアンドロメダ大銀河を観望すれば、淡く広がった腕ま で見ることができます
49