ロジクール g431。 ロジクールG431 7.1サラウンドサウンド ゲーミング ヘッドセット

「Gシリーズ」は、どちらかというとゲーマーの声(ニーズ)を集約して開発されている傾向にあります。

G431をゲームで使ってみた感想 PC版フォートナイトとAPEX LEGENDSでG431を使ってみました。

こちらがトップ画面です。

FPSゲームでまともに使えるヘッドセットが欲しいなら、安くとも5,000円~の価格帯から探すことを強くおすすめします。

音漏れしにくく、外部の音が侵入しづらいゲーミング向けのイヤーカップ。

USB外付けサウンドカード & 3. 真正面・左右斜め前・左右・左右斜め後ろの7箇所という平面的なサラウンドにプラスして、天井の左右斜め前と左右斜め後ろ・計4カ所にスピーカーを配置したイメージです。

しかもイヤークッションを覆う素材は、遮音性に強い合成皮革。

ただ、こちらはPCでLogicool G HUBを介さなければサラウンドにならないため、PS4やNintendo Switchで使いたいのであればUSB DACが付属していないG331の方が適しているでしょう。

しかし側圧が気になる方だと使いづらく感じるかもしれないので気を付けて下さい。

ちなみにこれの 類似品でもう少し価格が低価格な物もありますが、それらは低価格な分 グリップ性能に劣ります。

快適性と耐久性を追求 90度回転イヤーカップ• G331に11. 充電ケーブル:Micro-USB充電ケーブル2m ー• モンスターハンターワールド FPSゲーム以外でも試してみようと、モンスターハンターワールドをプレイしてみました。

55

一方『ロジクールG431』なら、瞬時にマイクミュートできるので、とっさの時に、聞かれたくない音をフレンドに聞かれないで済みます。

価格の割には音もマイクもかなり良い 音質に関しては私も今までこういったヘッドセットを使ったことが無いのでアレなんですが、普通に良いと思います。

レンジ:15m• これをスティックの付け根にはめ込むと、 倒した時に抵抗が生まれて更に精密なエイムが可能になります。

その他のコンシュマー:ステレオ• イヤーカップにマイクミュートがある場合、よほど慣れていなければ即座にはマイクミュートできません。

特徴はパワフルな低音再生。

ゲーム機でのみの使用なら「」の方がおすすめ!• 専用ソフト『Logicool G HUB』で設定してみる それでは実際にPCに接続して専用ソフトのLogicool G HUBで設定をしてみたいと思います。

20年以上スタジオマイクを開発してきたBlue Microphonesの「Blue VO! それがロジクールGの製品です。

5mm 4極 ステレオミニプラグ(2m)• 「G431」と「G331」の違いはサラウンドサウンドと接続方式だけ 「G431」と「G331」の違いはサラウンドサウンドと接続方式になります。

36