ピボット グラフ 複数。 わずか5分でスキルアップ! Excel熟達Tips(34) ピボットグラフを活用したデータ分析

ここで?となるわけです。 「任意の商品名だけ」を選び、ピボットグラフにする方法を実践する。 一方、「デザイン分類」には「和柄」のフィルターが適用されている。 この場合は、変数値を設定しますが、やはりワークシートは別のシート上になります。 フィルターを使ったデータの絞り込み この場合、「デザイン分類」が「和柄」のデータだけがグラフ化されることになる。
80

すると「系列の編集」画面の入力ボックスに式が設定されます。

真下や真横にコピーをしたい場合は、合わせて [Shift] キーも押してください。

で統合機能を説明していますのでご覧ください。

「フィールドの設定」ダイアログボックスを開く 部門名の列のいずれかのセルを選択した状態で、右クリックでショットカットメニューを表示して「フィールドの設定」を選択します。

どのような使い分けをするかですが、2階層であればコンパクト形式でいいでしょう。

すると「系列の編集」画面の入力ボックスに式が設定されます。

右クリックメニューの[表示形式]を選択します。

複数列を選択すれば、常に表示したい列を複数列にすることも可能です。

30
値には集計方法を「合計」とした「ページビュー」「訪問数」の各フィールドを配置しています。 下のように[都道府県]と[販売店]の2つのスライサーが表示されます。 ピボットグラフの配置先を選択してくださいで「既存のワークシート」にチェックを入れ、場所を G3セルとしました。 操作方法は をご覧ください。 このピボットテーブルは、前回、前々回の連載で紹介したピボットテーブルと同じもので、イベントの「参加人数」を「日付」、「曜日」、「会場」、「開始時間」の項目別に集計した表だ。 ここから、並べ替えやフィルターしたい項目などを選択できるメニューが開く。 縦棒をダブルクリックしてデータ系列の書式設定を表示します。 項目数が大幅に減るため、データ分析にも使える「見やすいグラフ」に更新できたといえるだろう。 なるほどそれならば可能なのですね。 スライサーの挿入 ピボットテーブル内のセルをアクティブにして、[分析]タブの[フィルター]グループにある[スライサー]をクリックします。
32