細川 ガラシャ 美人。 明智光秀の娘・細川ガラシャは本当に美人だったのか?美貌という幻想は、罪。

ドラマの脚本家が誰かまではわかりませんが、この音楽劇の内容がもう、史実も何もあったものではなく、 細川忠興はガラシャを虐待し、キリスト教の棄教をせまる君主として登場。

義理の父の謀反 明智光秀が謀反を起こしたことは、当然ながら忠興にも影響を及ぼしました。

ちなみに、細川ガラシャには3人の知られた侍女がいます 珠は彼の話を聞くうちに、どんどんキリスト教の教えに興味 きょうみ を持つようになっていった
中学入学後、父親の薦めもあり宝塚音楽学校に入るためのクラスがある東京のバレエ教室に茨城県から週1回往復5時間かけ通いバレエや歌などを習っていました このまま徒歩で細川ガラシャゆかりの地をめぐることができます
その武将たちの中には、ガラシャが嫁いだ細川家も含まれていました 落ち延びる途中、光秀は落ち武者狩りに遭って深手を負い、自害して果てました
・石田三成は、忠興のいない間にガラシャを捕え、忠興を自分に味方するように、人質にした 身分の高い女性の姿を、ぶしつけな人々の視線から守るためにまとわれていた、外出着ですね
その後、家康の推挙で丹後12万石に加えて豊後杵築6万石が加増されて、18万石となる 小笠原少斎…「 これほどの美貌というものがこの世の人間のなかで存在しているということが、目の前にそれを見つめながら容易に信じられず、 そのうちに気が昏(くら)み、ついには顔をあげつづけていることができない」 忠興…「 うつくしいというよりももはや神にちかいように思われた」 ガラシャ…「自分がもし他の容貌をもった自分であったとすれば忠興はああも物狂いにならず、忠興によって殺された多くの男女もその悲運を見ずに済み(略) 罪は、この容姿にある」 (司馬遼太郎『胡桃に酒』) …すごいですね、司馬遼太郎氏による、クレオパトラも裸足で逃げたくなるような美貌の描写! 忠興にいたっては中二病のようです
36
そして2020年6月から上演予定の『舞台「刀剣乱舞」2020年夏公演』に細川ガラシャ役で出演することが決まりました。 真田幸村出丸城跡 玉造周辺は真田丸があったとされる場所ですが、未だにはっきりとしたことはわかっていません。 井上によると当時の史料には、を美人としたものは、ないようです。 忠興は徳川に味方し、豊臣側の指揮官 しきかん であった石田三成 いしだみつなり は、忠興のいない間に ガラシャを捕 とら え、忠興を自分に味方するように、人質 ひとじち にしたのである。 クラッセ以前にも、ガラシャを美人だと決めつけた西洋の文献もあるそうですが、 それもクラッセのようにガラシャどころか、日本を見たことがない者の想像の産物であるそうです。 とくにコメントが必要ない、月並みな容姿だったからでしょうか? それは違うと思われます。
68