風 の ゆうびん や さん。 授業記録 国語「風のゆうびんやさん」2

今日は『2年「森のゆうびんやさん」【勤労、公共の精神】の指導案はこうする!』 このテーマで教材解説をします。 T:なるほど。 』 という意見が出たとします。 架空の世界での架空のキャラクターの話です。 ・くまさんの仕事はなにをすることだろう。 やぎじいさんのまごから、手ぶくろのおくりものでした。 仕事とはなんなのか、 考えていきましょう! では、解説です! 1 教材について 2 内容項目と教材 3 導入 4 発問 5 まとめ 順番に解説します。 請求書は、商品とは別に 郵送されますので、発行から14日以内にお支払いをお願いします。 」 「家族がいてうれしかったことはどんなことだろう。
つまり仕事のことですが、 子どもにとっても仕事は 身近なものです。 C:みんなやってるから、自分もがんばろう。 『くまさんは仕事だから、いやいややっているんじゃないか。 森のみんなは、くまさんがくることをとても楽しみにしています。 3 導入 T:教師 C:子ども T:学級の仕事はどんなものがありますか? C:日直の仕事 C:係の仕事 T:じゃあ仕事をしているとき、どんな気持ちになりますか? C:みんなのために頑張ろう。 簡単に言うと、「みんなが喜ぶ仕事をがんばっていたら、自分も嬉しくなる(喜ぶ)」ということです。 「かぜはなおりましたか?」などと郵便がない日でも、森のみんなと話をしたり、ほかの森のようすをつたえたりしています。 今回の「森のゆうびんやさん」もそうですね。