セキセイ インコ 雛 性別。 セキセイインコ2ヶ月の雛の性別 雛の2ヶ月では性別がわかりにくいこと

これは気に入ったメスに対して、餌を吐き戻してプレゼントするという一種の求愛行動です。

まとめ セキセイインコはペットとして飼育できる小鳥の中でも、性別の判断がしやすい鳥です。

先住のペットがいるなら、目の届かない場所におくか、 片時も目を離さないようにしてください。

そのため雛の性別を見極めるのはとても難しいのですが、よ〜く見ると少しだけ違いがあります。

スポンサードリンク 成鳥になったセキセイインコは「ろう膜」の色でオスとメスがはっきり分かる セキセイインコは生後2か月くらから「ろう膜」の色に変化が現れ、生後8ヶ月頃にはオスとメスの区別がはっきり分かるようになります。

一方の メスの場合は、ろう膜が青白いか淡褐色になり、発情期には茶色くなります。

求愛行動のために、歌うことも好むので、囀りを聞かせてくれることもあります。

実はセキセイインコは、 特に雛の時は性別を判断するのが 難しい生き物といわれています。

成鳥したアルビノのオス アルビノのオスは成鳥になっても「ろう膜」の色は変わらないですが、 「ろう膜」のピンク色と鼻の穴の周りの薄紫色が濃くなり白くなっていきます。

82
だいたい朝7時ごろから夜10時くらいの間に6~7回エサを与えないといけません! 本来なら親鳥から口移しでエサを貰うので、エサを与えるときは、人間が付きっきりで面倒を見てあげなければなりません。 人間は毎日、2~3時間おきに定期的にさし餌をしなければいけません。 一般的に仲間意識が強いセキセイインコですが、性別によって少し性格に違いもあります。 飼う前にある程度揃えておかないと飼い始めてから「どうしよう」となってしまっては雛の命を落としてしまう可能性があります. 背中をそらせて「シャチホコポーズ」をする• セキセイインコは好奇心が強く、飼い主から注目されたいという面もあります 毎日カゴに入れたままだと、運動不足になりますし、淋しい思いをしてストレスをためてしまうことがあります。 ですが、これにもやはり個体差があるようです。 パステルカラーオパーリン・ライトグリーン雛の「ろう膜」 同じくメスの雛です。