フォスター ズ ホーム。 フォスター ズ ホーム

(2011年 - 現在)• ローレン・ファウスト エド・ベイカー シーズン2 [ ] 話数 サブタイトル 原題 脚本 絵コンテ 演出 14 ボウリング対決 The Big Lablooski エイミー・キーティング・ロジャース ヴォーン・タダ クレイグ・マクラッケン 15(A) お願いウィルト Where There's a Wilt There's a Way クレイグ・ルイス クレイトン・マッケンジー・モロー 15(B) ベンディに負けるな Everyone Knows It's Bendy ローレン・ファウスト マイク・キム 16 今夜はパーティ! また重度のアレルギーの持ち主で、砂糖が微量でも口に入ると、シュガーハイ状態(砂糖を摂取しすぎると興奮するという俗説)に陥り、理性を失う。

更に夜、マダムが彼に暗殺されたと思われる場面を見てしまい彼女の遺体を庭に埋めたと思われたが、実は全てブルーの勘違いだった。

狂暴そうで強面な外見からホームの面々からは恐れられている。 フレンドの皆からはIFとして認められていることはおろか、とても歓迎されている。 しかしながら1970年代になると次第にイギリスやアメリカへ輸出されるようになり、またスポーツ大会のスポンサーを行うことにより急速にその名を知らしめることとなった。 床にこぼしてあるジュースの味がわかる。 ヘリマンとは理不尽さや仕事量の問題で度々いがみあっている。
3
だがしかし実際には本作は純粋なギャグ作品である。 彼が使ったフーセンガムの紙とガムを多数の生徒達が拾おうと取り合いを起こすほど人気。 例えば「おおスザンナ」は、1848年〜1851年の3年間で16もの出版社が30種以上の楽譜を出版し、当時、最高販売部数がせいぜい5000部という時代に10万部の大ヒットとなったにもかかわらず、フォスターの収入はわずか100ドルに過ぎなかったといわれる。 後に虹色の鬣を持つ水色のユニコーンが巨大な魚のIFに吹き飛ばされて自分の背中に乗ってきたテレンスにお礼を言われるが同時に「女々しいお馬さん」と馬鹿にされたので激怒し、彼を角で刺して蜂のIFがいるハチの巣ハウスへと飛ばした。 上記の性格の悪さからマックからは「嫌味タラタラおばさん」、ブルーからは「ゲロゲロボー」また「偏屈オババ」呼ばわりされてしまう。 1854年 毎年のようにヒットを飛ばしていたフォスターだったが、この頃を過ぎると、彼の曲はあまり以前のような人気を得ることはなくなり、生活も徐々に苦しくなっていくのだった。 その時にウィルトが落とした片方のリストバンドをお守りとして有名な選手となった今でもずっと大切に身に付けている。 手足が生えている。 (2019年 - 現在)• (2010年 - 2017年)• アニメーション個人的功績賞:デイヴ・ダネット(第50 - 51話:「グッド・ウィルト・ハンティング」、背景デザイン)• そのままフォスターズ・ホームの一員になる。
42