ミニ 四 駆 モーター 改造。 「お父さんのミニ四駆すごく速い!」と言われるための初心者から中級者への改造方法

当初のモデルは「4-63」で、外見は前出の1948「ステーション・セダン」とほぼ変わらない。 みんなレギュレーションの範囲で楽しんでいるのが今の世代です。 お気づきかもしれませんが、ここで言う "改造の行い易さ" は、グレードアップパーツを使った改造のことではありません。 パワーにプラスしてスピード値が上昇すれば汎用性も上がると言えます。 どのモーターを作るにしても、基本的にはスピードが最も盛れる強化で大丈夫です。 そして、中央にある金属を取り除きます。 これはブレーキのところで話をした バンクスルー出来ていないためです。 強化での上昇値が高いので、至高の逸品と職人技では結構な差が出ます。 これでモーターピンとお宝の分離が完了しました。 更に、改造評価を全て 「至高」にすることを 「6シコ」と呼び、全ての改造状態を最高にすることで 現環境の超速GPでは 【最強モーター】になります! 注意点としては、速さをとことん追求した改造になるので、 コースアウトするリスクが高くなります。
51 40