Zoom ホスト。 【Zoomで初めてのオンライン講座】ホストとしての準備〜当日まで徹底解説!|フリーランスママライフ〜おうちで働く笑顔のママに。〜

Zoomにサインインし、マイミーティングまたはミーティング設定のいずれかをクリックします。

zoomのミーティングをあらかじめ設定しておくには、「」というページから詳細を設定します。 この番号ならばいつでもミーティングを開催することが可能ですが、不特定多数にその番号を知らしめてしまうと、関係ないときに入ってこられる可能性も無きにしも非ずですので、パーソナルID以外の番号を使うことをお薦めします。 オーディオの設定はホストとして重要なのですが、 青丸で囲んだコンピューターオーディオにチェックを入れてください。 Zoomアプリの使用許可を確認する表示が出るため、許可ボタンを押せば、Zoomアプリが開いて会議が始まります。 PCからZoomアカウントを作成する まずは個人の方であればZoomのHPにアクセスします。 エントリー時に参加者をミュート チェックをつけておくと、全ての参加者が入室時にミュート状態になります。 共同ホストとは? 共同ホストの特徴と注意点は下記の通りです。 こちらからの声は聞こえるのに、相手の声が聞こえないときは、ミュートの横にあるマークをクリックして、「マイク」が利用しているデバイスになっているか確認してもらおう。 メールの送信• ビデオに関しては、お顔を出したくない方もいらっしゃるので「大丈夫な方はオンにしてください〜」とか私はいつも言っています。
11

Zoomの参加者は細かいルームに分割して割り振ることができる。

ここまで来たら、Zoomの「待機室」という部屋に入る事ができました。

回線が安定しているかどうかチェックする 招待するホスト側は、事前にしっかりと自身の回線が安定しているかもチェックしておくことが大切です。

セッションを小さなグループ ブレイクアウトルーム に分けることもでき、無料プランであれば100人まで、有料プランであれば500人まで参加することができます。

予定時刻を過ぎて待たせてしまう場合などは、「少々お待ちください」などとメッセージを送ってあげましょう。

パソコン(なくてもスマホ・タブレットでも)• ミーティングを主催する方法 スマホやタブレット ミーティング開始前にビデオのオンオフを選択し、ミーティングを開始します。

基本的な招待方法は以下の通りです。

「ミーティングの招待状をコピー」ボタンをクリックしてコピーし、各参加者のメールにペーストして送付します。

64