アコード ユーロ r。 さらに性能向上!CL7型アコードユーロRにオススメのカスタムパーツ特集!

(2020. ユーロRのクラッチは重くて。

(ただしアコードは全長4. 続いて下回りの点検をします。

FFながら回頭性もいいですが、1390キロは頑張ったにせよ重い。

しかし、車好きからしてみれば、ホンダといえばやはりスポーツモデルのイメージが強いのではないでしょうか? 特に1989年に登場した可変バルブタイミング・リフト機構を備えたB16A型VTECエンジンは、自然吸気(NA)にも関わらずリッター100ps、許容最高回転数8000回転オーバーというスペックを誇り、当時の車好きをとりこにしたエンジンでした。

0リットル直4DOHC。

買った車はホンダのアコードユーロR(型式:CL7)です。

ツインサイレンサーと相まってバランスがいいです。

【概要】 どんなクルマ? (シリーズ概要 1997年9月にフルモデルチェンジを受けたアコードは、「北米」「欧州」「日本」と、スタイリングを分けたホンダの戦略モデル。

52
若気の至りで500馬力にも乗ってましたがサーキット以外発揮不可。 否定できない重さ 前車が車重700kgのボディペラペラ軽自動車ですから比べるのも酷な話ですが、山道を走っているとやはり車体の重さは否めません。 取り付けもベロクロ止めなので、直ぐ外せます。 後半の遊びを減らすと以下の様な効果があります。 またタイヤも純正の17インチから18インチにインチアップされていました。 小径ですが握りは若干太く、扱いやすいハンドルです。 しかしその中ではアコードユーロRは相場が安めです。
42