徳川 家 子孫。 徳川家定の写真、名言、年表、子孫を徹底紹介

1906年 明治39年 には、2代藩主光圀が編纂を始めた『大日本史』がようやく完成し、明治天皇に献上したという。

1606年5月、領地の館林で、病死。

「初代の魂末代まで」と言ったところであろうか。

では、江戸幕府倒幕後、現在の徳川宗家は どうなったのでしょうか? そこで、徳川慶喜公以降の徳川宗家について 系図をもとに調べてみました。

2019年1月には北海道知事選への出馬が期待されたが、残念ながら2月20日に出馬を断念したことは記憶に新しい。

勝海舟の娘と結婚・勝精(かつくわし) 続いては、 勝海舟の娘と結婚し、婿養子となった十男・精(くわし)になります。

66

17代家正 家達の嫡男である17代当主家正 いえまさ は1884年 明治17年 に生まれた。

江戸幕府滅亡後、水戸徳川家は尾張家、紀伊家と同じく華族になりました。

でも結局、徳川埋蔵金の真偽については、謎の ままで終わってしまいました。

グローバルな時代ですし、国際結婚も特に気にしない時代ですが。

お名前に「政」という通字がつけられていますね。

尾張徳川家の末裔は実業家として活躍していた! 尾張徳川家は、家康の九男である徳川義直が始祖とする、徳川御三家の筆頭です。

徳川美術館長にして美術家という肩書も持ち、旧大名家の家宝を精力的に収集したことでも知られる。

26