ガンダム 試作 4 号機。 ガンダム開発計画

その他、手裏剣や粉末を用いてのミノフスキー粒子隠れの術、大気圏突入イズナ落しなどの忍法を使用。 タキム社製 NC-5型をサブジェネレーターとして2基内蔵する。 当初は単なる脱出カプセルだったが、研究スタッフが航空機開発部門から特別開発部門へ移ったことから多目的戦闘機へ変形する機構が導入された。 ハイパー・ビーム・ライフル 型式番号:XBR-M-79H-2 威力はRX-78-2のものに比べ40パーセント向上しており 、のちののものに匹敵するともいわれる。 関連動画 関連商品 関連項目• 従来のサイコ・ガンダム系列のような大型火器や変形機構をもたない標準サイズのMSとして設計されており、重火力の系列機と連携することで真価を発揮する。 教育型コンピューターの回収も踏まえて採用されたもので、パイロットが意識不明または死亡した場合でも自動帰還する機能を持つ。 背面画稿は『MSV』で大河原邦男によって新規に描き起こされた。 アニメ『』でが携行するものと同型。

ただし、教育型コンピュータはコストが高く 、機体が得た戦闘データを回収するため、メイン・コンピュータはコア・ファイター側に搭載されている。

デザインは、まず大河原が総監督のの「富野メモ」 にあったラフ稿を参考に描いたが、大河原は途中参加だったために側の作品意図やイメージが十分に伝わっていなかった。

その後数多くのガレージキットメーカー、および個人ディーラーなどの手によって幾度となく立体化されるのみならず、バンダイのプラモデル「マスターグレード」と完成品TOY「GUNDAM FIX FIGURATION」でも立体化されている。

設定の変遷 初出である『MSV』(1984-1985年)では、6-8号機はジムの母体となったことと、実戦参加記録は残されていないらしいことが記述されたのみで、デザインは起こされていない。

セカンドロットに属するガンダムの通算4番目の仕様で、4号機をもとに改修されている。

なお、2号機と3号機はモノクロながら塗装の違いが確認できる。

23日、キンバライド基地からで宇宙へと上がり、ムサイ級巡洋艦「ペール・ギュント」に収容され、31日にデラーズ・フリートの本拠地「茨の園」に到着する。

ガンダム試作4号機 外国語表記 Gundam GP04G 登場作品• 82弾頭は0078年に連邦軍が基礎設計をおこなったもので、設計段階で計画ごと破棄されたと言われていたが 実際には完成しており、一年戦争でが締結されたあとも解体されず、最高軍事機密ながら一年戦争中にトリントン基地に秘匿される記録映像も残されている。

25
セカンドロットに属するガンダムの通算4番目の仕様で、4号機をもとに改修されている 宇宙における機動性に主眼が置かれ、各部に多数のスラスターを装備している
また、続編の『Gundam Battle Assault 2』、およびその日本移植版の『機動武闘伝Gガンダム THE バトル』『新機動戦記ガンダムW THE バトル』ではパイロットがになっている 劇中で使われることなくボツとなった設定として、がある
アーケードゲーム『』では、「軽量化を施され、格闘戦に適したタイプ」という設定になっており、メイン武装はガンダムハンマー(支給によりハイパーハンマー、ビームライフルやビームジャベリンも装備可能)である アトミック・バズーカおよびコンテナに替わって背部に装備される6連装ロケット・ランチャーで、実機製作前にJCAP(教育型コンピューター支援による統合プロダクツ)によってさまざまながおこなわれ、斉射から単発発射による時間差あるいは各個攻撃も可能なように調整される
一方で、に登場する は、しくこの版をとして強くして作られ、のは身体の色がほんのり似ている程度で、ほとんど意識されていないといっていい フルアーマーガンダム7号機の背部ビーム・キャノン用のデバイスが採用されており、一年戦争時のものより射程が長く、速射性も向上している
検討段階で提示されたプランのひとつ おもな武装 ビーム・ライフル 型式番号:XBR-H80-L1 7号機専用に開発された武装
ガンダム本体と同様のトリコロールを基調とした増加装甲を胸部・肩部・腰部・下脚部に装着し、右腕部に直付け式の2連装ビームガン、背部には大型のパックパックとそれに直結した肩部大型キャノン、左腕部に装着されたシールドにはビームサーベルを3本と機雷投下ユニット、脚部増加装甲にはスラスターを追加するなど、さまざまな武装を施している 富野は配色を白一色にしたかったが玩具化した際に他のカラフルな玩具にインパクトで負けるため、従来通りの色になった
エゥーゴ用の新型MSのベース機候補としてクラブ・ワークスのカイリー・ジョンソンが推薦し(ドム系MSの後継機種と紹介している)、大尉が搭乗するが、基本設計の古さから操縦性の問題を指摘される 基本構造は鉄骨フレームに製の外装を被せた物で、スケール相応のディティール造形やマーキング、首の可動やミスト放出などのギミック、各部の電飾など非常に凝った造りになっている
また、『マスターアーカイブ』では本仕様を基本に、前腕と足首アーマーが『MSV』版プロトタイプガンダムと同様の機体をRX-78-1の「ロールアウト時」、または「仕様策定前」としている また、形状・構造的にはステルス性も盛り込まれている
ただ取り付けも簡単なのですぐにはめ込むことができ、触らなければ外れないので、ポーズを決めたらあまり触らずに固定しておけばそんなにイライラすることもないでしょう 2 グリプス戦争編】』バンダイ、1988年3月、108頁
ガンダムの設計図を基にキャスバルに合わせて独自の調整がされており、他のシャア専用機同様、赤を基調としたカラーリングになっている U-0078A0 S-000002 メインカメラやアンテナが集約され、カメラのレイアウトは人間の顔を想起させる配置となっている
96