ニュース 23。 小川彩佳『NEWS 23』最初の一週間で見せた“ジャーナリスト/キャスター”の予感 (水島宏明)

リニューアル前は白色基調のスタジオセット(『』・『』と共通)から放送していたが、リニューアルを機にセットも一新。

2012年春のリニューアルから「23X TODAY」に改題している。 なお、毎日放送の場合は月 - 木曜で内包扱いになっているローカルニュースが独立番組扱いで直後に放送されるため、実質的には月 - 木曜の放送形態と変わらなかった。 世界陸上中継の中で代替の『JNNニュース』を放送した。 出演者は筑紫以外の全員が続投。 文字や映像を表示できるドーナツ型の円卓 をスタジオセットの中央へ据えるとともに、暗い背景にのパイプを連想させる金管のオブジェを、円卓の周囲へ螺旋状に新設した。 2014年3月31日からはコーナーをリニューアル。 当初は(月曜日)放送分からの復帰を予定していたが、休暇中に味覚や嗅覚の異常が生じたことから、にを受診した。 - および ・ 前番組 番組名 次番組. (同上)• 2016年3月28日から2019年5月まではメインキャスター、2019年6月から2020年12月まではアンカーとして全曜日にレギュラーで出演。 リニューアル前は、毎回、青木または枡田の顔をアップにする演出が取られていた(ただし野村や桑田がいる場合は彼らとのツーショットになることが多い)。
46
30分版『NEWS23』からは膳場のみ引き続き出演、が8年ぶりにニュースキャスターを務める 視聴率低迷は2008年春のリニューアル以降も続いた [ ]
修身さんは今年1月に都内で朱美さんらと一緒に箱根駅伝を観戦 下手なキャスターはそういうことをやってしまう
著書にエッセー「もう結婚占いはいらない」などがある その間にメインスタジオのセットが一新されたが、新しいセットへ登場する機会がないまま、同年7月3日放送分への出演を最後に産前産後休業に入った
青木がスポーツキャスターを担当するのは『』に出演していた2008年9月以来1年半ぶり かつて、久米宏は『ニュースステーション』をやっていた頃は、現地から生中継する記者に向かって「今の解説、聞いていてもよくわからなかったんですけど、もう一度わかりやすく伝えてもらえますか?」などと質問していた
『NEWS23』時代は音楽関連の特集などを除き放送音声がだったが、本番組では全編でが実施されていた 金曜解放区 『筑紫23』開始以来続いた金曜日第2部
94