ブラック マジシャン デッキ レシピ。 2021年度最強ブラック・マジシャン遊戯王デッキレシピ魔法使い族【ビートダウン】

相手フィールドの全ての表側表示モンスターの効果はターン終了時まで無効化される 1 :このカードの発動時の効果処理として、自分のデッキの上からカードを3枚確認する
2 :このカードがモンスターゾーンに存在する限り、 自分フィールドの魔法・罠カードは相手の効果の対象にならず、 相手の効果では破壊されない 速攻魔法・罠カードをセットした場合、そのカードはセットしたターンでも発動できる
そのカードを破壊する 召喚成功時に 《ブラック・マジシャン》の名称が記された魔法・罠カードをサーチすることができ、 《黒の魔導陣》や 《永遠の魂》などの重要なカードへアクセスすることができます
購入はこちら>> 「おそらく魔法使いの闇属性でサポートできるカードと言えば《》の存在ですわよね これは運なので仕方ないところ
リリースしたモンスターとはカード名が異なる 「ブラック・マジシャン」または「ブラック・マジシャン・ガール」1体を、 自分の手札・墓地から選んで特殊召喚し、その発動した効果を無効にする 自分はデッキから1枚ドローする
余った魂は黒魔導サーチに回してデッキを圧縮するのがいいと思いますが、相手の妨害が心配なら避けた方が無難でしょう また 「マジシャン・ガール」の攻撃を変更する効果は各 「マジシャン・ガール」1ターンに1度なので2回目に攻撃対象にされてしまうとそのまま戦闘破壊されてしまうので、その辺の弱点カバーも必要です
また、サイドデッキ等での変更で一気にリンクモンスターを採用するデッキへ変貌する事も出来ます あるいは、永遠の魂2枚とナビゲート1枚にしても良いかもしれません
手札・デッキから魔法使い族の通常モンスター1体を特殊召喚する効果、魔法使い族の通常モンスターの攻撃宣言時に相手フィールドのカード1枚を除外する効果を持っています その解答のひとつがクインテット・マジシャンです
デッキアウトまでに決着がつく場合がほとんどだと思いますが、長期戦が予想されるデッキの場合は無理して打たないのも賢明な選択だと思います 今回のデッキでは、このカードと相性が良い 《竜騎士ブラック・マジシャン》を採用していません(カードが高かったため)ので、採用枚数を減らしています
2 :このカードが戦闘で相手モンスターを破壊した時、 自分の墓地の魔法カード1枚を対象として発動できる 戦士族なので、キャバルリーになれるのも良いですね
31
《黒の魔導陣》 【ブラック・マジシャン】デッキで重要なアドバンテージ源のひとつとなる永続魔法カード マジブラの蘇生トリガーにも使えます
デッキの回し方ですが、まずは 「ブラック・マジシャン」を引けるまで他のモンスターで戦っていくことになります そのカードを除外する
終盤ではブラパラの打点アップにも強力してくれます 青眼と一緒で定期的に強化がされているのもありますけど20周年というのもあり『初代リスペクト』が多かったのも追い風ですの」 「そうなんですよ
今週の人気記事一覧!!• また、《ブラック・マジシャン》の攻撃宣言時に相手カードを1枚破壊できます 黒魔導サーチは相手が動かなかった場合のエンドフェイズに使うようにしましょう
そのあと、「師弟の絆」でブラックマジシャンガールを召喚し、黒魔導爆裂破を発動し相手にダイレクトアタック、「黒魔術の秘儀」で追撃・・・と出来れば良いですね~ あまり動かないようでしたら、「超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ」の召喚を狙ってみるのもありですね 「ブラック・マジシャン」を出せたなら後は積極的に攻めていきます
処理後にチェーン1 《黒の魔導陣》、チェーン2墓地 《マジシャンズ・ロッド》(《聖魔の乙女アルテミス》リリース)、チェーン3 《幻想の見習い魔導師》の順で効果を発動• 手札・墓地から《ブラック・マジシャン》を特殊召喚する効果、デッキから「黒・魔・導」または「千本ナイフ」1枚を手札に加える効果、《ブラックマジシャン》を効果を受けなくする効果、このカードが離れた際に自分フィールドのモンスターを全て破壊する効果を持っています ちょっとレアケースでしたが、青眼の究極亜竜を突破できずに負けたこともありました
このカード1枚で《ブラック・マジシャン》と大型モンスターを並べることができます そのカードを除外する
召喚成功時に 《ブラック・マジシャン》の名称が記された魔法・罠カードをサーチすることができ、 《黒の魔導陣》や 《永遠の魂》などの重要なカードへアクセスすることができます
6