南 関東 ガス 田。 政府は対策をしているのか?首都直下地震で「南関東ガス田」大爆発危機!? オトナの会社設立

73
地下では圧力によって地下水に溶け込んでいるが、大気圧中では殆ど溶け込まないため、地下水を汲み上げると大気中に解放される。 2007年より小売電気事業者向け電力卸供給事業を行う。 鹹水はが起源 とされており、に似た成分だが、海水の2,000倍ものを含んでいる。 「噴出してきたガスを含む混合物からセパレーターで油と水を分離するのですが、この油がコンデンセートというもので、ガソリンや石油製品の原料として使える油なんです。 供給能力は日量380万Nm 3。 しかも、1703年の元禄関東地震や、死者が10万人超に達した1923年の関東大震災など周期的に大地震を起こしてきた。