テドロス 肺炎。 【テドロス肺炎】テドロス曰く「われわれは最初の機会を無駄にした」

極めつけは、4月8日の言われなき「台湾非難」である これまで、テドロス氏は新型ウイルスの問題で、一貫して中国の肩を持つような発言を続けてきた
だが、中国紙の過去記事を読む限り、テドロス局長の称賛とは裏腹に、中国当局の新型肺炎の隠蔽ぶりはかなり酷い によればテドロス氏は会談でこう述べた
「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」との結論には至らず すでにアメリカ政府は、WHOに対する資金拠出を一時停止する手続きに入っている他、ポンペイオ国務長官も24日、WHOの抜本的な改革が必要とし、アメリカがWHOへの資金拠出を再開しない可能性があるほか、WHOの代替機関の設立に取り組むこともあり得ると表明した
一方、国際ウイルス分類委員会コロナウイルス研究グループは新型コロナウイルスそのものについて、SARSの姉妹種「SARS-CoV-2」と名付ける 2月13日、中国共産党が湖北省と武漢市のトップを更迭 2月14日、中国国家衛生健康委員会が国内で1716人の医療従事者が感染し、6人が死亡していることを発表 (おわり). テドロス事務局長は「われわれは最初の機会を無駄にした」とし、「行動すべき時期は実際、 1カ月余りまたは2カ月前だった」と語った 海外のパネリスト 中国肺炎発生から今に至るまで、WHOの迷走ぶりは目に余るものだった
中国国外では初の感染者で、武漢市からやって来た 1月14日、WHOが記者会見で、武漢市で新型コロナウイルスが検出されたと認定 1月15日、日本で武漢市滞在歴がある肺炎患者から新型コロナウイルスを確認 あと、みたくないな
次はリニアですな 本コラムもおかげさまで88回を重ねたが、4週続けて同じネタを書く日が来ようとは思わなかった
しかしWHO事務局長のとんでも発言は何もテドロス氏に限ったことではないようです 経済システムは日本よりも資本主義で福祉政策がないので貧富の差が激しいね
そんな仲良し中国の画期的なマスクはこちら 2. 国際保健規則を巡る議論を湖北省の衛生担当者が知らないということはあり得ない 1月末に中国との渡航制限掛けておけば、ここまで酷くならなかったんじゃないのか
24

米紙ウォールストリート・ジャーナル(電子版)は、WHOが緊急事態宣言を早期に宣言しなかったのは、「経済や指導部のイメージを損なうとする中国の懸念をWHOが重視しすぎたことの表れだ」と指摘した。

委員間で意見が対立 1月23日、1100万人都市の武漢市を閉鎖。

本部と地域の事務局長も選挙で選ばれているから各国の意向は理解している」 「WHOは基本的には健康を守るために設立されたテクニカルエージェンシー。

WHOにも政治的な圧力はもちろんある。

アイコン文字が朝鮮の朝ですね。

政府は万事適切に対応している」とのご批判を受けた。

テドロス氏の言動、対応のアンバランス、不適切の要因として、氏が過度に「中国寄り」であることが指摘されている。

そのたびに、一部の安倍政権支持者の方々からは「感染症の素人が余計なことを言うな。

すでに7人出ているという患者はさらに増えるだろう。

われわれは真実を語る必要がある。

本当なら電通系の外1者での応募なはずだったのに叩かれたら途端に業者数が増えた。

また中国は、豊富な資金力でもWHOへの影響力を強めている。

武漢発の新型コロナウイルスをWHOは「2019 nCoV」と呼ぶ。

朝日が言うと笑える 愚かな殺人者は殺しても数人、権力のある馬鹿による間接的殺人は桁違い 委託先公募に5者が応募 GoToの観光喚起策:朝日新聞デジタル「Go To キャンペーン」の観光支援事業で、国土交通省は30日、公募に5者から応募があったことを明らかにした。

アイコン文字が朝鮮の朝ですね。

それどころか、テドロス率いるWHOが過去の二回はおろか、30日に開いた緊急会議からも台湾を締め出すとはどういうことか。

海外のパネリスト こいつがWHO事務局長っていうのも、運が悪かった… [おすすめ外部RSS記事ミニレビュー] 韓国・文大統領の危険性をしっかり認識している人が、日本の総理大臣で良かったなとは思う今日この頃。

人から人への感染はまだ見つかっていない」と発表 ・中国がWHOに武漢市で新型肺炎が発生していることを報告 2020年1月1日、華南水産卸売市場を閉鎖。

中国に侵食されるWHO テドロス氏が中国を忖度(そんたく)している可能性が指摘されたのは、本人が、中国から巨額投資を受けるエチオピアの元保健相だったからだ。

新型肺炎は、厄介なことに潜伏期間が長い場合は2週間ほどある上、感染しても症状が出なかったり、症状がない間でも他人に感染させたりするとされる。

13