第 一 次 世界 戦争。 中学校社会 歴史/第一次世界大戦

前回、 1916 年の第 6 回ベルリン大会が第1次大戦によって中止され、この大会も開催できなければオリンピック活動は足場を失い、霧散しかねない。
1792年:• 日本軍は続いてアメリカのも奇襲し()大勝利を収める ()などの地域が完全に破壊され、の住民4万人など合計15万人が追放された
出典 旺文社日本史事典 三訂版 旺文社日本史事典 三訂版について 「第一次世界大戦」の解説 ドイツ・オーストリア・イタリアの三国同盟と、イギリス・フランス・ロシアの三国協商との対立を背景にヨーロッパを中心としておこった、や勢力範囲の再分割をめぐる世界的規模の戦争 ヒトラーの要求はさらにエスカレートして、1939年3月22日にはから地方を割譲させた
日本、ドイツ、イタリアの三国間では連携を求める動きが顕在化し、1936年には、1937年にはが結ばれた 物語は、ドイツ軍捕虜になったマレシャルとボアルデュー、彼らが属する小隊を中心に進みます
一方、帝位継承者の暗殺という事件は政治に重大な影響を与え、21世紀の文献では「」と形容するものもある 一方、ドイツは3Bといわれるベルリン、ヴィザンティウム(現イスタンブール)、バクダッドを結ぶ地域を押さえて中東、西アジアへの進出を企てました
それに続く同じ北フランスのソンムの戦いでは、フランス軍よりもイギリス軍が主力となってドイツ軍と戦い、三者とも多くの死傷者を出した(1916. ) パリとベルサイユは、それぞれ別の場所にある その結果、南のほうは強化されたが、北側がそれだけ弱体になった
[三宅正樹] イギリス・ドイツの対立 インドのカルカッタ(現コルカタ)、エジプトのカイロ、南アフリカのケープを結ぶ支配圏をねらうイギリスの三C政策と、ベルリン、ビザンティウム(現イスタンブール)、バグダードに勢力を張ろうとするドイツの三B政策との対立は、1890年代に入って、ドイツの工業と貿易とが、イギリスの優越した地位を脅かし、「メイド・イン・ジャーマニー」の脅威をイギリスが切実に感ずるようになることから源を発している - :• ソビエトの政府は、共産主義を目指していた
1975年~ -• 8月20日の ()の後、東プロイセンを守備する ()は撤退、東プロイセンの一部がロシアに占領された 戦争に関わる要素を区別して検討し、将来に対する教訓を見出すことが出来るからです
」 歴史を通じて、国家の指導者や一部の国民がナショナリズムを扇動し、戦争に向かったことは一度や二度ではありません ()の使用は連合国軍がを使う前例があったが、4月22日に使われたのは致死性のあるガスであり、に違反した行動であった
24 27