昇進祝い メール 返信。 昇進したら上司にお礼の言葉を伝える!人間関係のためにも!

ごあいさつには、改めて伺えればと思っておりますが、まずはご報告させて頂きます 社長に就任した時の挨拶文例1つ目は、腰を低くしてする挨拶です
今後ますますのご発展とご多幸がありますよう心よりお祈り申し上げます その代わりに役職手当が付きますが、 はるかに残業手当の方が多かったので、 手取りが下がってしまうケースも ありますね
これまでのご経験とご実績を生かし、〇〇支店様でもなお一層のご活躍をご期待申し上げます 今後ともご指導ご鞭撻の程、何卒よろしくお願いいたします
昇進におけるお礼状ですから、お祝いを頂いたお礼、今後の決意、これからのお付き合いを願う気持ちが基本的な構成になります 文章にすると自然にも思えるのですが、散る・終わる・失うなどは縁起が良くないとしてメールでは使われません
昇進・昇格が決まったらなるべく早めにお礼する• お祝いの文書では、忌み(いみ)言葉の中でも、縁起の悪さを連想させるような言葉は好ましくありません なお、このメールへの返信は不要です
40

次は、就活や面接でお世話になった人事の採用担当者へお礼メールを出すときの例文を紹介します。

このたび当社の取締役に就任致しました〇〇です。

これからも〇〇部長の期待に応えるべく、 より一層仕事に励んでまいります。

今後も変わらぬお力添えのほど、切にお願い申し上げます。

自身の努力が実を結んだものだが、昇進・昇格時には支えてくれた先輩や指導してくれた上司にお礼メールや挨拶をするのが礼儀だ。

、 メールにて恐縮ですが、取り急ぎお礼かたがたご挨拶まで。

97 2