20 ルビアス。 【ダイワ20ルビアスLT3000S

バスフィッシングでは少々余してしまいますが、下巻きラインを用いれば浅溝化することもできるので、太糸PEを使用したカバーフィッシングにも対応できます。

スプール内の軸受け部分はメタルカラーです 20ルビアスLT4000-CXHと異なる点としては、ボディ構造やギアのグレードが挙げられます
普段イグジストやヴァンキッシュといったリールも使用しているが、20ルビアスに持ち替えても違和感はない 2500(ノーマル)番という魅力 2500番はバスフィッシングからエギング、シーバスに至るまで何でも来いのスタンダードサイズ
釣り場でPEラインのリーダーを結束する時などロッドを立てていてラインが弛むシーンでは邪魔でしかありません 16セルテももういらなくなったわ
個人的にハンドルはシルバーの方が好みなので被ってもこれが欲しかった 異音の有無 リールを巻いた時の異音に関してだが、耳を近づければシュルシュルと回転音は聞こえるけれど実釣時に音が気になるレベルでは全くない
ボディー:ザイオン(モノコック)• ミドルクラスのリールと比べて ダイワではバリスティック、セオリーが2万円台でよく比較検討されると思います ボディ部を比較 単純にルビアスはFCモデルのため、小さいのですが、がっちりとした武骨があるのがヴァンフォードです
しかし、ハイギアモデルではギア比がさらに上がった事もあり、軽い力で楽に巻けるというわけではありません やはり金属ボディの安心感・剛性感は違うものがあり、サーフの釣りや青物狙いをはじめ、リールへの負担がそれなりに大きい釣りにはやっぱり金属ボディのリールだね
剛性感 20ルビアスの負荷を掛けた時の巻き感などをチェックする為、ドラグをほぼフルロックして良型メッキとのやり取りなどをしてみた 「Light(軽さ)」と「Tough(強さ)」を両立させるべく、素材や機構をとことん見直し、全く新しい製品群を展開しはじめています
ボディは 同じ 2500番ボディ 20ルビアスの巻き心地 まずはリールを購入する時に気になる巻きの質感について
ギアの大径化 20ルビアスでは、前作よりも大径のギアを搭載しています 私自身ほぼ毎日釣りをして生活しており、ステラ・イグジストを始めとした色んなリールを購入・実釣比較をしている
特にトラウトやライトゲーム等、軽量なルアーを使う時はリールの巻き出しの軽さによる快適性の違いは大きい 回転性能について 回転は滑らかですが、巻きの軽さは そこまで軽くないですね
87

大き目の音量が良いという方には、少し物足りなさがあるかもしれない。

ただ別の普通のスピニングリールに換えてみると20ルビアスの軽さが実感できる。

ローカルなメソッドではありますが琵琶湖のウィード帯をジグヘッドリグでしゃくって釣るメソッドで、巻取り力が強くウィードをハンドルで巻いて切る動作がしやすいと感じました。

後はプラグや重量級のジグヘッドを使用したメッキやカマスを狙ったライトゲームにも、ハイギアリールはアリだね! 20ルビアスをアジング・メバリングを始めとしたライトゲームに使った印象としては、大体こんな感じかな。

ワッシャーが大きくなった事で、ドラグ力にも余裕が生まれますね。

ドラグ性能はどうか? ATDドラグは近年DAIWAスピニングリールで標準化しているドラグシステムです。

またはそれ以上を使ったスタイルのアジングやメバリングであれば、問題なく使用できる印象だ。

ボディにはガンメタの塗装がされており、渋くてカッコいい。

ダイワLTコンセプトページ (外部リンク) シマノヴァンフォードHPを参照 (外部リンク) 飛ばしたい場合は、ヴァンフォードかな?と思います。