宮崎 ます み。 トップページ

: 、、、• (延岡市、総支社)• - 「」開園• (宮崎 - 新八代駅)• (宮崎 - 延岡)• 財政 [ ] 2012年度(平成24年度) [ ]• 08m 2• これにより、県都のと県下第2・第3の都市である・が全て高速道路で連結される。

標準財政規模 3251億5925万円• (延岡・高千穂 - 高森・熊本)• その他 この節はなが全く示されていないか、不十分です。

温暖な気候を利用し、においてはの生産地として有名であり、また、・等の、・等の商品性作物の生産が盛ん。

18m 2• 地形 [ ]• 海域: 、、• その他、全国2位のものは多い。

- 国鉄宮崎線(現)都城まで開通。

- えびのから鹿児島県伊佐市へ向かう• 初期の産地は周辺であったが、後に周辺部へ移り、現在はとが主要産地となっている。

- 県内では初となる「」が供用開始。

時代に鉄道や港湾が整備されると方面あるいは方面へも出荷されるようになった。 - 県内では初となるがに設置される。 テレビ宮崎前 歩2分• ミニサテライト局はアナログ放送における送信出力が0. 本日の新着 3. - 宮崎支所管内に宮崎、那珂、児湯、臼杵、諸県の五郡が置かれ、宮崎支所が廃止される。 これに対し、本県では後述のように民放数の割にはケーブルテレビの普及率が低いこと、また地域外受信もえびの市・都城市・串間市・三股町などの一部で鹿児島県を放送対象地域とする民放 が、五ヶ瀬町などの一部で熊本県を放送対象地域とする民放 が視聴できるにとどまっていることから、日本国内では相対的な情報格差が存在するとされている。 UMK (/(主体)・・系列()、1970年4月開局) 宮崎県は、他県で多くの放送局()が開局しチャンネル数が増加した後も、とするはがメインのテレビ宮崎 UMK とTBS系列の宮崎放送 MRT の2局のみである。 (宮崎空港と宮崎市街地を結ぶ)• - 宮崎県再置80年を記念して、県の花としてハマユウ、県の鳥としてコシジロヤマドリを制定• 吉玉精鍍(延岡市)• - 都城市から小林・えびのを経由し熊本県人吉市へ向かう• ラジオ事情はテレビと比べてそれほど悪くなく、特にエフエム宮崎は1984年12月に開局(九州で3番目、全国民放エフエムでも53局中12番目)と比較的早いほうであった。
3
以後宮崎県内で設置された中継局に対しては基本的にこの方式が採用されている (宮崎市)• 日南局 日南市 都城局 都城市 三股町 () KYT鹿児島讀賣テレビ KKB鹿児島放送 椎葉村 なし 愛称は「かて〜りネット」
- 宮崎市と都城市を結び、鹿児島県大隅地方へ向かう• (・飫肥線)および(後の)営業開始• 局舎外観• ・を延岡市へ編入(2006年)• 近年、同社の製造拠点海外化等の影響を受け生産量は縮小気味であるが、医療・電子の先進分野に力を入れている 1876年8月21日に宮崎県は鹿児島県に合併され、宮崎県庁はへ格下げされた
正式決定後再度周知いたします なお、類似例は南四国や鹿児島・沖縄などの側に広範囲で見受けられる
- (現・宮崎大学医学部)設立• - 日本窒素肥料(現・)延岡工場開業(の前身) 県内には都城局・日南局・西諸局が設置されている
(都城市、本社)• (宮崎 - 長崎)• 現行の県民歌は2代目に当たり、県の再置80周年を記念して1964年に制定された - 2600年に伴うを実施
- 外相会合 なお 1990年代に第3民放テレビ局ができる予定だったが、断念しており、現在も新局開局の予定・目途は立っていない()
国鉄日ノ影線(後の)開業• やでの議論にご協力ください 「チャンネルリース」としてケーブルメディアワイワイが県内地上波を除く(熊本県民テレビ・熊本朝日放送を含む)サービスを提供する
かつても同社が管理をしていたが、に償還が完了したため無料開放された - 当時の現職知事であるがの疑いで逮捕され辞職(後に無罪確定)
18