アクセス リレーション シップ。 Access クエリで複数のテーブルを結合する、3つの種類の実行例

これ、Excel で関数だけで対応するの、結構たいへんです。

クエリを作る前にリレーションシップで関連付けることをオススメします。

データ整合性を有効にした場合、削除を連鎖するかまたは制限するか [リレーションシップ] ウィンドウは、Access Web アプリでは使用できません。

2 もし、1回目と2回目で同じ値が入っている場合。

また、「会社コード」と「会社名」を間違って入力する場合があります。

たとえば、[受注] テーブルに担当社員として入力されている社員の ID を [社員] テーブルで変更することはできません。

「会社部署マスタ」と「会社マスタ」です。

25
ただし、参照整合性はクエリでは強制されません ただし、Access内部はともかくとして、現実世界において主キーの値が広く利用されていることもありますので(たとえば社員コードを社員証に記載していたり、部屋番号が部屋のドアに表示されているなど)、混乱を起こさないためにも、主キーの値の更新を許すべきかどうかについては慎重に判断する必要があります
誤作動もなく、正確な結果がでます # 予想では、 1
たとえば、[タイトル] テーブルの各タイトルは、[発行元] テーブルの特定の発行元に関連付けられている必要があります オプション 2 は、左外部結合を定義します
<使い方の例文>• もう一方のテーブルの列は「外部キー」と呼ばれます 参照整合性を適用して連鎖オプションを選択する方法の詳細については、「」を参照してください
ウィンドウからテーブルまたはクエリを削除する テーブルまたはクエリを選択し、Delete キーを押します [フィールドの連鎖更新] および [レコードの連鎖削除] チェック ボックスの詳細については、 をクリックしてください
複数のテーブルにあるデータ項目を連携させる「リレーションシップ」機能を用い、複数のテーブルから必要な項目を抽出してまとめたピボットテーブルを作成していく方法を実践しよう 結果として、リレーションシップの "多" 側に孤立したレコードが作成されるのを自動的に防止することはできなくなります
71
いよいよ列どうしの設定に移ります。 クイックアクセスツールバーの 上書き保存をクリックして、リレーションシップを保存します。 インデックスを付けることはできますが、重複を許可する必要があります。 結合の種類とその設定方法の詳細については、「」を参照してください。 [ ツール] メニューの [ リレーションシップ] をクリックします。 上の画像の例では、顧客テーブルの顧客ID(主キー)は固有の番号です。 こうすることにより「会社部署マスタ」の「会社コード」は、「会社マスタ」の「会社コード」しか入力できないようになります。
24