ショパン ワルツ 10 番。 ショパン・ピアノ名曲の体感難易度

ワルツは男女の出会いの場である舞踏会のための曲ですから、本来猥雑な要素が含まれます。

笛吹浪士様、私も我が道をいきます。

まさに『継続こそ力なり』なのです。

外部リンク [ ]• その意味でも、 ここでは、易しい曲だけでなく、難曲も含めて、「ショパン名曲集」に名を連ねる超有名な 作品を挙げ、個人的に感じた難易度をつけました。

2番は1番の延長線上の曲想、その割りにメロディが単調。

シュトラウスとは逆に聴き手に迎合しないところが、 逆に聴き手の心を捉えて離さず虜にする、そんな皮肉な結果になっていますが、 ショパンはそれを本能的に知っていたのではないか、そんな気がして仕方がないです。

そのため、ショパンは次第に自分の心を反映したワルツを作るようになります。

42 演奏時間 3' 45'' ショパンのワルツ中、2番と並んで最も難易度の高い華やかなワルツです。

日本でワルツというと、ほとんどの人はウィンナワルツ(ウィーン風のワルツ)を想像すると思いますが、ショパンのワルツはウィンナワルツとは少し様相が違います。

ここで踏み過ぎてしまうと、全体的に響きが重くなってしまいます。

私もこれはちょっと速いなぁと思いました。

17
更新した情報は下記に記載しています 曲のイメージをこんなふうに言葉で表現できるんだと感心いたしました
フランスに移住してから出版されていますが、ウィーン滞在時に作曲しています 大円舞曲 Grande Valse Op. それと、専門家といえど人間ですからその方の好みも結構影響していると思いますよ
和音で構成されているこの右手も、つまずきやすい箇所かと思います この作品が書かれた時期、ショパンは体調が悪化していきジョルジュ・サンドとの仲も険悪だったようなのですが、曲を聴く限りそのような暗さはほとんど感じられません
その間、一方の左手は通常のワルツと同様に3拍子を刻むため、 結果的に複合リズム(ポリリズム、クロスリズム)となる点がユニークです A サロンに集う人の気を引くには、気軽に聞いてもらえて、なおかつ少しだけ下世話な要素も必要なのです
微妙です どの曲がどのくらいの難易度なのか、ランキングしてみようと思います
存命中に出版されたのはそのうち8曲で、没後フォンタナによって6曲が出版されました 日本でよく知られているのは「全音出版社」とか「春秋社」とか
15