ロビン フッダー。 個人が機関投資家を打ち負かす ゲームストップ事件は日本でも起こるのか?(1/2 ページ)

個人なら銀行預金や場合によってはタンス預金といった選択肢もあろうが、世界中のマネーはあまりに巨額なので、その大半はそうした選択肢を持てない。 ロビンフッド証券など複数のネット証券が対象銘柄の取引を制限すると発表しています。 さらにそれが投資家の広汎な売りを誘って、ほとんどすべての銘柄が大きく下落してしまいました。 そしてまた、アメリカの株式市場も、これまでにない参入者たちの予測もつかない「行動」により、やや混迷を深めている。 相場のカギは株式市場の動向になりそうだ。 これが、株式市場に調整をもたらす可能性もある。 若い人たちが手軽にゲーム感覚で短期売買をしているのです。 とりわけ低位株のパフォーマンスが良好だった。 その背景には、かつては中央銀行の専管事項とされた金融政策が政府の経済政策の一部として位置づけられ始めていること、そして、その政府の経済政策運営の是非が、株式相場の状況によって判断されることが増えているということがある。 今回のロビンフッターの動きは、金融市場全体を脅かす存在となり、1月28日のNYダウはリスクを回避する動きが出て、600ドルもの大幅下落となりました。
49 77