ノイシュ バン シュタイン 城。 ノイシュバンシュタイン城とは

「TICKET RESERVATION」のボタンを押して、「ノイシュバンシュタイン城」を選択しましょう。

城内には権力を誇ったルイ14世とその息子であるルイ15世、ポンパドゥール夫人やマリー・アントワネットの像が置かれており、彼は像に向かって、これらが生きているかのように挨拶したり話しかけたりしたといわれています。

居住性を重視し、国王の夏の離宮として利用されたため、豪華絢爛な装飾に目を奪われることでしょう。

そしてそれを危惧した家臣達はルートヴィヒ2世を精神病として廃位させる訳です。

赤い屋根が美しいハイデルベルグの街並み一望できる人気のビュースポットでもあります。

ベルサイユ宮殿を手本とした庭園の美しさも必見。

また、ロココ様式のリンダーホーフ城も訪れてはいかがでしょうか。

55
その美しい外観から中世のお城だと思われがちですが、実は比較的新しいお城なのです 登り坂となるが徒歩で約10分
プロイセンとの戦争で敗れた彼は、多額の賠償金を請求されてしまいます すぐ近くにツーリストインフォメーションがあるので、そこでマップをもらいましょう
カメラが濡れると大変なのでホテルに戻ろうか思案している時、目の前の建物の扉が開き中から人が出てきた ノイシュバンシュタイン城と同じチケットセンターで入場券を購入することができ、2つのお城は徒歩でも歩ける距離
ヨーロッパの古城巡りというと、タペストリーや建築様式が着目されがちですが、その城を建てた人物について知ることも、観光スポットの魅力を知ることになりそうですね ベットの天蓋と側面の木彫りは特別見事で、足側の木彫りは「眠りと死を象徴的に暗示するキリストの復活」が描かれている
そんな彼がファンタジーの世界の実現と現実逃避のためにつくったのが、ノイシュバンシュタイン城なのです 445番で11時45分 観光客が多いノイシュバンシュタイン城では城内への入場に制限があり、30名ほどのグループごとで入場時間が決められているんです
移動時間は約30分ほど お城そのものはもちろんのこと、お城までの山道、周りの景色も素晴らしいものです
「HOTEL MOLLER CAFE」 ここからノイシュバンショタイン城への移動手段はというと専用バス、もしくは徒歩、もしくは観光用馬車の3つ 左下に
59