慣用 句 一覧。 慣用句一覧

算盤を弾く(そろばんをはじく)損得を考えること。

《日本語訳》 A:卒業したらアフリカ行きの政府奨学金を申し込むの。

花を持たせる 相手を立てて手柄や栄誉をゆずる 歯に衣を着せない 相手に遠慮せず、思ったことを率直に言う。

油を売る 江戸時代に髪油を売り歩くものが婦人を相手に話し込みながら商売したことから、仕事を怠けて無駄話をすること、仕事の途中で無駄な時間を過ごすことをいう。

5
折り紙つき 鑑定書、保証書の類は書いた面を中にして2つ折りにしたことから、立派なものとして信用できると保証された事物や人物をいう。 サ行の慣用句【中学入試頻出3語】 さじを投げる 中学受験 頻出度【 よく出る】 途中であきらめる。 「愛想が尽きる」を強調した言い方。 くやしいことやつらいことをじっと我慢する。 朝食前(ちょうしょくまえ)のわずかな時間でもできるほど、簡単でたやすいこと。 うどの大木 うどは成長すると木のように茂るが、用材にも食用にもならないことから、形ばかり大きくて何の役にもたたないものをいう。
48
…非常に忙しく、人手が足りないこと• 鎌(かま)を掛ける 本当のことを言わせようとして、それとなく話をさそいだすこと。 (勿怪とは思いがけないこと) 勿体(もったい)を付ける 必要以上に重々しく、権威があるかのような態度をとる。 「他の先生に習うのではなく、私に教わり続けなさい」 というように使えます。 同じ穴の狢(むじな)関係がないように見えて、実は同類であることのたとえ。 身も蓋もない 表現などが露骨すぎて、うるおいが感じられない。 正鵠を射るともいう。 相手に降参(こうさん)し、もうかなわないと示すこと。 心を寄せる 関心を持つ。
85