ハンス セリエ。 偉業をなしたセリエの名言

[心の健康について] 〈ストレス〉 ストレスの仕組み-生物、心理、社会的に見た場合- それでは、ストレスはどのようなメカニズムで起きてくるのでしょう。

これは、家庭や社会の中でも、 もっともっと、実践されていくべきでしょう。

それが親として大人として、リーダーとして、人間としての器量でしょう。
興奮して手に汗をかき、いつもより力が入り、音や気配に敏感になっていますよね。 自然災害:地震・火災・火山の噴火・台風・洪水 社会的不安:戦争・紛争・テロ事件・暴動 生命などの危機に関わる体験:暴力・事故・犯罪・性的被害など 喪失体験:家族・友人の死、大切な物の喪失 外傷性ストレッサーによる体験を外傷(トラウマ)体験と呼ぶ。 逆に大人たちが落ち着いて行動するなら、子供達は「大人達が対処可能な範囲の出来事である」と受け止め、大きな混乱を示さない可能性が高くなる。 たまに期待ではなく、プレッシャーを与えてしまうケースがありますが、これは期待をする方に我欲が入ってる場合でしょう。 あなたが、ストレスについて考えてみるときに、医学的なことや心理学的なことを学ぼうとすることは大切なことだと思います。 副交感神経系の働きを、図3に示す。 From the late 1960s, academic psychologists started to adopt Selye's concept of stress, and he followed The Stress of Life with two other books for the general public, From Dream to Discovery: On Being a Scientist 1964 and Stress without Distress 1974. 人間の場合、ストレス反応は、心理的、行動的、身体的反応として現れる。
87