メニエール 病 難病。 難病「メニエール病」とは?

良性発作性頭位めまい症は頭位によって誘発される数秒~数十秒程度のきわめて短いめまいである点、めまいに伴って聴覚症状が変動しない点から遅発性内リンパ水腫と鑑別される。

出典: メニエール病は、耳の中でも奥の部分である「内耳」と呼ばれる部分に起こる病気です。

発作がなければ普通に仕事ができますが、一度発作が起こると、どのくらいでおさまるのかは誰にも分かりません。

嘔気・嘔吐を伴うことが多い。

メニエール病は低い音が聞こえにくくなることが特徴であり、聴力低下の仕方を調べることで診断の手がかりとすることができます。

4.第VIII脳神経以外の神経症状がない。

68

受診状況等証明書や診断書と違い、請求者が作成する書類です。

「効いた、効かない」という情報が本人から返ってくることで、より一人ひとりに合った治療を選ぶ手掛かりになります。

今まで真面目に生きてきたつもりです。

CTを使って「蝸牛」「前庭」「三半規管」を見ます。

確かにお世辞にも美味しいとは言えません。

メニエール病ではゲンタマイシンなどの抗菌薬の一種が用いられています。

しかし、聴力が衰えて感音性難聴が認められると聴力障害者として認定されることもあります。

似た症状を表す病気の例として以下のものが考えられます。

内リンパ嚢解放術は内リンパにかかる圧を減らすことを目的としたもので、長期的にめまいの発作を抑えることができ、その有効率は70%から80%です。

残念ながら、冒頭で申し上げた通り、その「なんらかの支障」は解明されていません。

37