廃墟 探索 地図。 別荘地に残された「ヤバすぎる廃墟」 “謎の男”を追った5年間の観察と、最悪の結末の全て

廃墟近くには道ばたに金庫が転がっていたり、ペットボトルなど様々なゴミが散乱したりしていた。

50
車も全く通っていません。 今現在不使用となった施設等も年輪の如くその地の来歴を刻むものであり、 史跡等と同等に地域の歴史的深みを示し、価値を高めるものでしょう。 破傷風です。 車にひとを待たせつつ進みます。 しかしそんな見え隠れしていた明るい未来もオイルショックの影響だろうか、78年には採算が取れないため金属の採掘を中止してしまった。 激しい動悸を必死に抑えながら、再び探索開始。 東京電力鬼怒川発電所 水路 役場から少し南に行った山沿いに巨大なパイプ2本を発見。
86