バイデン 広報 チーム 何 が 史上 初。 バイデン氏、広報の要職を女性で固める 大統領報道官にサキ氏

パンデミックや権力乱用もこの炎を消すことはできないことが分かった」「米国の魂のための闘いで民主主義が勝利した」と語った。
バイデン次期政権、広報チーム幹部は全員女性に 史上初 経済主要3ポストも、全て女性が占めることとなる。 BLM運動の高まりに配慮した人選と考えられている。 家族も全員ローマ・カトリックの信者であり、デラウェア州グレンヴィルのブランディワイン地区にある ()のに定期的に出席している。 2人は政策の機微に通じていると評価されている。 2人が任命されれば、これらの組織初の非白人女性トップになる。 連続6期上院議員を務め、外交・刑事司法・薬物問題などに取り組み、 ()の委員長やの委員長などを歴任した。 に大統領選挙が実施され、に、、、、、、などの主要メディアは現職のを破って勝利を確実にしたことを報じた。 バイデン氏は来年1月20日に、大統領への就任が予定されている。 学業に関しては平凡で目立たない生徒であったものの 、バイデンはリーダーシップを発揮する生徒であったという。 これによりバイデンが指名を確実にした。
46
バイデン氏は、「米国民に直接、誠実にコミュニケーションをとることは、大統領の最も重要な職務の一つ」とし、「全員女性で構成された初のホワイトハウスのコミュニケーションチームの人事を発表でき誇らしい。 にはの少数党筆頭委員に就任し、民主党が上院の多数派を占めた2001年から2003年と2007年から2009年の間には同委員会委員長となった。 3月17日のフロリダ州など3州の予備選挙でもバイデンが大勝、サンダースを更に引き離して指名獲得が濃厚となった。 に2020年アメリカ合衆国大統領選挙への立候補を発表した。 の人形店の(令和3年)の「期待びな」にはバイデンとハリスが選ばれ、マスクを持った二人のひな人形が作られた。 オバマ政権で大統領広報部長、国務省報道官を務め、2人の子を持つワーキングママだ。 恐らく史上初だろう。
49
有能で経験豊富な広報チームが多様な見方をもたらしてくれる」と明らかにした。 ホワイトハウス首席補佐官 ()はバイデンがに陥るのを防いだと評価している。 この事件についてバイデンは、「引用についての正確なルールを知らなかったことによる不注意で起こしてしまったものだ」として、悪意があったことを否定している。 また中国のについては改めて「専制主義者」と定義し、「専制主義者の彼らは、民主主義は21世紀において専制主義に対抗できないと考えている」として、中国との競争に勝利するためにも国内融和や中間層復活につながる経済政策が必要と強調。 副大統領の広報トップも女性 カマラ・ハリス次期副大統領の広報担当トップには、シモーン・サンダース氏とアシュリー・エティエンヌ氏が就任する。 2015年9月11日の時点では出馬するか否かを決めていないと述べた が、同年10月21日に不出馬を表明。 同氏は30日に、最高機密情報を含む大統領への日々のブリーフィングを初めて受ける。 、中に対するを支持した。