たたえる 意味。 「称える」と「讃える」の意味の違いと使い分け

難しいと言われたコンペに勝ち抜いたその賞賛として、臨時ボーナスが出た• 「 表外読み(ひょうがいよみ)」とは、 「 常用漢字表にない読み方のこと」です。

日本語ワードネット1. 「ねぎらう」と「いたわる」の違い 「ねぎらう(労う)」・・・相手の苦労や頑張りを評価して、感謝すること 「いたわる(労る、労わる)」・・・優しく接すること、相手の苦労を慰めること 「ねぎらう」は、 同等または目下の者が一生懸命働いてくれたり、物事に奮闘したことなどに対して感謝の気持ちを示すことを表します。

「答える」の例文• 「ねぎらう」はお礼の言葉を述べたり、品物を贈ったり、宴を催すなど具体的な行動が伴います 1つまたはそれ以上の方向に伸ばす の意• いずれも同義語で、「讃」という字にも「ほめる」という意味があります
もともと 応援してくれるファンの声援に笑顔で応える 堪える 「堪える」は、「耐える」や「我慢する」という意味を持つ言葉です
そして、相手の苦労に対してきちんと感謝の気持ちを伝えて、仕事などへの活力を与えて上げてくださいね (9)(連用形を副詞的に用いて) (ア)まえから
物を用いない場合には「称賛」が適切です (『例解新漢和辞典』三省堂) つまり「速い」は、主に「スピードがはやい・かかる時間が短い」という意味です
使い方 「栄誉」は、周囲から広く称えられ、称賛されている状態を表します 「称賛」の「称」は、「言葉に出してほめる」という意味を持つのに対し、「賞賛」の「賞」は、「ほうびとして財貨を与える」を意味しています
例えば社内表彰などの場面で「賞賛の盾が贈られる」というように使用されます 「称」が常用漢字に含まれるのに対し、「讃」は含まれません
「賞讃」や「称讃」の表記は、「称賛」などよりも以前から使われていました 祝福する
だから、漢字1文字や2文字のものは目上の方には使わないほうがよいとされています すでに
(『例解 新漢和辞典』三省堂) 上記の意味から判断すると、「褒める」と「誉める」のいずれも「ほめる 「いたわる」は人だけではなく、ものに対しても使えます
10