内縁 の 妻 相続。 内縁の妻や夫が遺産をもらう場合の注意点!相続税との関係は?

北海道・東北• 遺産相続について弁護士に相談する 電話相談可・初回面談無料・完全成功報酬 の事務所も多数掲載! 北海道・東北 | | | | | | 関東 | | | | | | 北陸・甲信越 | | | | | 東海 | | | 関西 | | | | | 中国・四国 | | | | | | | | 九州・沖縄 | | | | | | | 目次• 中国・四国• 特に生前贈与については、毎年110万円までの非課税枠が設けられていることから、 少しずつ内縁のパートナーに財産を贈与すれば、税負担の軽減にも繋がります(連年贈与(定期贈与)として贈与税が課税される場合もあるのでご注意ください つまり、状況に応じて、婚姻関係にある妻(夫)と同等あるいは類似した扱いもされる可能性があるということです
しかし、下記の方法で、夫の死後に財産を受け取ることは可能です その方法は次の通りです
法定相続人には遺留分を請求する権利があるため、遺言書が遺留分を超える内容で書かれていた場合、法定相続人から「遺留分侵害額請求」という申立をされる可能性があるからです ・被相続人の療養看護に努めた人• 全財産を内縁の妻(夫)に遺贈するとの内容の遺言も可能であるが、相続人の遺留分のため、すべての遺産が、実際に内縁の妻(夫)に承継されるとは限らない
内縁関係が法的に認められる条件• これが内縁の夫婦です 例えば、相続人が直系尊属のみの場合には「法定相続人の3分の1」、それ以外の場合には「法定相続人の2分の1」などと遺留分の割合もだれが法定相続人かによって決まります
被相続人と生計を同じくしていた者• 内縁の妻(夫)は、亡くなった内縁の夫(妻)の相続人になれない• この場合、遺留分侵害の対象となる遺贈・贈与を受けた人は、遺留分を侵害された人の請求に応じて金銭を支払わなければなりません(民法1046条1項) ただし、特別縁故者が遺産を相続するためには、以下の厳しい要件・手続きをすべて満たさなければなりません
遺言書に内縁の相手方に財産を遺贈する旨を記載 2つ目の方法は、遺言書に内縁の相手方に財産を遺贈する旨を記載して貰う方法です 従って、内縁の配偶者には相続権は認められておりません
その筆頭が相続権です これに対し、 「内縁関係」とは、事実上の夫婦関係ともいえる生活をする方を保護しようという発想のもとに生まれた関係性です
また、被相続人の妻には認められているような課税上の特例措置が適用がないことや、2割加算など新たに相続税が増えることも注意しましょう 遺言による認知は、遺言書に「子どもを認知する」という旨の記載をすることが条件で、裁判認知は「裁判を起こして認知を認めさせる」ことが必要になります
内縁の妻に相続する場合の相続税の注意点 これまで「内縁の妻であっても内容によっては財産を受け取ることができる」ことをお伝えしてきましたが、相続できるということは「相続税を払うことになる」可能性が生じる場合もあるということです 事実婚と呼ばれることもありますが、なし崩し的に婚姻と等しい状態になったか(内縁)、主体的な意思によりあえて婚姻届を出していないか(事実婚)、という区別をすることもあります
ただし、年間110万円を超える贈与については贈与税の対象となりますので、税金についての検討が必要になってきます 遺留分侵害額請求とは まず遺留分とは、相続人のうち婚姻届けを提出している配偶者、第1順位である子や孫等の直系卑属、第2順位である父母等の直系尊属に認められた、最低限の遺産取得分のことです
34

内縁の夫婦が共有する家に住んでいた• 婚姻届という紙切れ1枚の差ですが、それだけ法律上の婚姻関係は強い立場にあるといえます。

寄与分とは、被相続人の財産の増加・維持に尽力した場合に一定額を相続できる権利ですが、相続権を前提としているため、内縁の妻には発生しません。

本日は事実上の配偶者!内縁の妻に相続権があるか?についてでした。

また、仮に他に相続人がいないとしても、上記のような複雑かつ長期にわたる手続きを経る必要があります。

内縁の妻・夫や愛人が遺産を受け取る方法 内縁の妻・夫や愛人が遺産を受け取る方法には、次の4つがあります。

連年贈与とは、複数の年に分割して履行された一つの贈与のことです。

遺留分については、前述の死因贈与や遺贈、生前贈与の場合も同様に当てはまりますので注意が必要です。

内縁の夫の死後、生命保険金がおりて財産分与があるのですが、内縁の夫には前妻との実子が3 人います。

ご存じの方も多いかと思いますが、相続税の仕組み上、配偶者はとても優遇されています。

71