やつ が れ。 2013年度入賞作品|新聞広告データアーカイブ

・大原駅から大多喜駅までいすみ鉄道 大多喜駅からまるがやつまでタクシーで約10分(料金1,200円程度)• そんな気がしました。

あるテレビアナウンサー(女性)が「そのダイヤのネックレスいいですね、私もそんなやつ欲しいです」と言うのも聞いた事があります。

その時、「できた」と思いました。
この度は素晴らしい賞に選んでいただき、ありがとうございました。 【小湊鐵道&いすみ鉄道】• 「冷蔵庫にアイスが入ってる」という事実は、幸せをあげる側、幸せをもらう側、双方向の幸せを象徴的に表現している。 広告を見た人が一度立ち止まり、自分の中にさまざまな視点を持つことの大切さを考えるきっかけになればと思っています。 この小町でも文章中でよく見かけます。 入賞作品は11月から日本新聞博物館(横浜市中区)で展示します。 コピーライター。 山口大学大学院理工学研究科在学中。 そこで、みんなが知っている有名な物語を元に、当たり前に使われる「めでたし、めでたし。 本当にありがとうございました。
21