夜 の ピクニック 読書 感想 文。 「夜のピクニック」のネタバレ&あらすじと結末を徹底解説|恩田陸

さらに、だからこそ、普段意識していない朝昼夜という時間の移り変わりを感じたり、いつもの何気ない景色が特別に見えたりする。

少年の正体は予想通り杏奈の弟・順弥で歩行祭を見学するためだけに来日したようですが、彼の何気ない一言で貴子と融の血縁関係が忍にばれてしまいます。

去年の歩行祭に紛れ込んでいた誰も知らない一人の生徒とは?• それが本来のあるべき姿とでもいうように。

作中で、高校生三年生の主人公・融の友だち・忍が『ナルニア国ものがたり』をつい最近読んで『しまった、タイミングを外した。

自分を否定したり、周りの視線や価値観に徹底的に抗って、闘って、考え悩み抜いた先にひとつの答えが待っている。

山道はほんとに傾斜が鬼のようにきつくて、獣道ってくらい整備されてなかったんで、私は断然平坦コースが良かったです。

92
卒業が近いのだ、ということを、彼はこの瞬間、初めて実感した。 戸田忍 :貴子と融の同級生。 果たしてそのかけは成功したのでしょうか。 制服がない私服の学校があるというのは知っているが、修学旅行の代わりに歩行祭かぁ。 それは毎年、全校生徒で約80キロの距離を24時間かけて歩き通すという、考えただけでも気が滅入りそうな行事なのだ。 ただ歩いているだけの小説なのに、そうしてこんなにこの物語はこんなに魅力的なんだろう、と。 素敵だと思いませんか。

心がつながりあう楽しさがある。

そして言葉をまっすぐに届けたくなっちゃう夜にみんなで歩く、歩行祭も素敵な行事だな。

違いが広がっていく。

」という台詞はこの物語におけるテーマ、キーワードであり、最大の謎である。

忍が千秋と梨香に声を掛け、ビニールシートを敷いて、一緒に昼食を取ることになりました。

2