遥か 月 を 目指し た 今日 の 空 は。 音楽ダウンロード・ランキング・歌詞・音楽配信サイト

明石くんが着々と強くなっています 窓から流れる景色 変わらないこの街 旅立つ 春風 舞い散る桜 憧ればかり強くなってく 「どれだけ寂しくても 自分で決めた道信じて、、、」 手紙の最後の行が あいつらしくて笑える 「誰かに嘘をつくような人に なってくれるな」 父の願いと 「傷ついたって 笑い飛ばして 傷つけるより全然いいね」 母の愛 あの空 流れる雲 思い出す あの頃の僕は 人の痛みに気づかず 情けない弱さを隠していた 気づけばいつも誰かに支えられ ここまで歩いた だから今度は自分が 誰かを支えられるように 「まっすぐにやれ よそ見はするな へたくそでいい」 父の笑顔と 「信じる事は簡単な事 疑うよりも気持ちがいいね」 母の涙 さようなら また会える日まで 不安と期待を背負って 必ず夢を叶えて 笑顔で帰るために 本当の強さ 本当の自由 本当の愛と 本当の優しさ わからないまま進めないから 「自分探す」と心に決めた 春風 想い届けて 涙を優しく包んで 必ず夢を叶えて 笑顔で帰るために さようなら しかられる事も少なくなっていくけれど いつでもそばにいるから 笑顔で帰るから どれだけ寂しくても 僕らは歩き続ける 必ず帰るから 想いが風に舞う あなたの誇りになる いざ行こう. La la la la-la la la la La la la la la la. Shoulder to shoulder, marching along Holding the banner high, With faith in our hearts and joy in our song, Peace is the battle cry. に怯える気持ちはあんまりなく、このまま生きててコロナにかかって周りに迷惑かけつつ死ぬならワクチン打って少しでも感染率下げてで死んだ方がマシです(持論です ゆっくり死にたいな
名も無き城を 守りつつ 小さな太陽 変わりなく あの人 ひと 照 て らせ この人も やがて大きな 幸 さち の母• 毛利くん落ちるし経験値美味しいしレベルも154になりました また 月 つきが 昇 のぼる 今日 きょうが 終 おわりだす 願 ねがい 奏 かなでる 言葉 ことばをのみこむ Friday フライデー Night ナイト 泣 なきだす 君 きみはまだ 大丈夫 だいじょうぶ 駆 かけ 出 だせ 足音 あしおと 明日 あしたを 変 かえたい なら なら まだ まだ まだ また 夜空一周 よぞらいっしゅうに 満 みたして 欠 かいて 流 ながれる 時 ときを 眺 ながめる だけじゃ 笑 わらえない 回 まわる 空 そらうさぎ 君 きみと 明日 あすはイコール まけるな 明日 あしたに 背 せを 向 むけたくない から から いま から から 遥 はるか 月 つきを 目指 めざした 今日 きょうの 空 そらは 彼方 かなた 西 にしに 流 ながれた もう 届 とどかないや 届 とどかないや 涙 なみだ 星 ほしを 濡 ぬらした 今日 きょうの 空 そらは 彼方 かなた 夜 よるに 流 ながれた 「もう 泣 なくなよ」 遥 はるか 月 つきを 目指 めざした 今日 きょうの 空 そらは 数多 あまた 星 ほしを 降 ふらした 夢 ゆめじゃないや!
さんの回る空うさぎです🐰 お金が無くてライブには行けませんが、夏ツアーがあったら行きたいな、とは思ってます We're marching on to change history In the 21st century. げチャレンジ
幼子 おさなご 抱 だ きて 汗 あせ 流し 尊 とうと き元初 がんじょ の 使いをば 果 は たせし日々の 晴れ姿 すがた 誰 だれ か讃 たた えむ この母を• ああはるかなる あの地にも 我はとびゆき 抱(いだ)きたり わたしは歩みて 共に泣く この世の思い出 幾度か ああ法戦に 我勝てり• 友の孤愁に われもまた 無限の願望 人生を 苦しみ開くと 誓いしに 友は微笑み 約しけん 友の求むる 遠き世に たがうも吾れは 己(おの)が道 長歌 ちょうか の舞台 涯 はて しなく 白髪 しらがみ までも 月語る 君に幸あれ わが友よ つぎに会う日は いつの日か 無言のうちの 離別旅 わかれたび 銀波ゆれゆく 森ヶ崎 ル ルルル・・・・・・・・• We will fight -for the right- Of every one to be free. 1 支配作り CHANCE MAKE さぁーお祭り騒ぎの始まりだ いつもの君とほらすこし違う ガムならハカどーるガムなら 遠く海の向こう朝日が昇れば 明日今日よりも好きになれる 明日今日よりも好きになれる 君と出会ってから月日は流れ 春めく風はあの日のキミのこと なんでそんな風に悲しい顔して ホーミータイホーミータイ どうしたのいつもの君の どうして何で僕だけだって 元気ですか今度いつ逢える あのねどうか少し ある晴れた日の午後です僕は道 恋は恋愛は愛でどちらも 1999年から繋がって僕らは常に 音に合わせさぁ手を挙げて あの山越えたらなりたい僕に 桜の花が咲きました お元気ですかあれからいくつ 曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し 雨の日君と車に2人きり楽しい またいつもの方向から朝日が 浮き世は夢芝居虚栄で どんな時も忘れちゃいけない あの日抱いた夢見失いそうな きっと僕らは輝きたくて生きる 君をながめて言葉ならべて ずっとこのまま居たいけれど 例えば遠く離れても 明日晴れたなら何しようか 今日はいつもよりもまぶたが わずかに見えたアカリ地平線に 午前0時明日旅立つ君ヘ 行くぞ! We're building a highway of peace, Where every one can be free. タリンがあっさり出たのにキーロフが難産で結局130連くらいしたのかな… A treasure that's too close to see, Freedom for you and for me. The road that we travel is long, But with hope in our hearts we'll go on. 曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し 君を探してた初めて逢った日は あいうえおかきくけこ ねえ大好きな君へ笑わないで 大好きな君が泣いていて ねぇ少し聞いていいかな ほらね今日も聞こえてくるよ あのねいつの間にか気づいたんだ 戦ったStory 泣きだした いつもの日付が変わろうとした ああ眠れない夜で君は今 優しいフリして言葉並べても 雨降り少し肌寒い日に 誰しも僕ら思い倦ね色んな 今日わたしが生まれて ほんと偶然とかじゃなくて さあいこうどこまでも 今日までの日々を振り返って それはむかしむかしある男の話 もう出かけるよ寂しくなるけど 今日どこへ行こうか何しようか ある晴れたいつものような日は どうして僕ら大事なモノ 僕の隣にいつも君が居る事 空の向こうハテノハテへと 朝起き目覚まし時計が 明日っからまた日月火 拳掲げたメンバーで出逢えた Hello Hello 流れる雲を いつもそうさホラ今この時 Sunday Monday Tuesday 曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し 寄ってらっしゃい見てらっしゃい これからみんなへ贈る言葉 これまった始まったsummer お疲れ昨日もよく頑張った 次逢える日までのおまじない 1つ2つと星が出てきた 街のはずれでシャバダバー 私また風に吹かれ心迷い No. ああ疲れにも いざ立ちて 永遠(とわ)の青春 再びと 見渡す彼方(かなた)は 天(てん)に華(はな) 翼(つばさ)に乗(の)りて 今日(きょう)もとぶ ああ美しき この指揮は ああ美しき この指揮は• Heart close to heart, United and free, Facing our destiny. 母はやさしく また強く 胸に白 しら ゆり いざ咲きぬ 老 お いゆく歳 とし も 忘れ去り 諸天 しょてん も護 まも れ この舞を 誉 ほま れの調 しら べ 母の曲• 全然会ってない従兄弟だったけどなんとなく優しかった思い出があるので、凄く寂しいな なんておセンチな夜
ああ幾歳(いくとせ)か 草枕(くさまくら) 冴(さえ)たる月に 口ずさむ 広布の歌の 尊(とうと)けれ 三世(さんぜ)の道と 胸はれり ああ悔(く)いなきや この旅路• Arm linked in arm, together we go, Walking the great middle way, Fighting the poisons of fear, greed and hate, Winning the fight each day. ああ春秋(しゅんじゅう)の 坂道を 涙と情けで のぼりけり わが子も友も 一念に 如来(にょらい)の使いと のぼりけり ああ誰(たれ)か知る 天高し• 死に場所なんて選べないけど、選べるなら、自宅の布団の上で眠るように死にたい 書きたいこと、やりたいことはそれなりにあるのに頭痛が始まっちゃって
50階最高 岸辺に友と 森ヶ崎 磯の香(か)高く 波かえし 十九の青春 道まよい 哲学語り 時はすぐ 友は悩めり 貧しけれ 基督(キリスト)の道 われ行くと 瞳きびしく 月映(は)えて つよき鼓動に 波寄せり• BGMはあほの坂田
78
崩れし土手に 草深く いかなる虫か 知らねども 今宵は詩歌を つくらんと 楽 がく 平安の 念 おも いあり されども友は 黙しけん いかに生きなば わがいのち 深園の月に 飛びゆかん 涙を拭い 悲歎あり• ああ悲 かな しみも いざ越 こ えて 母の祈りは けなげにも 嘆 なげ きの坂の 彼方 かなた には 城の人々 笑顔 えがお あり• その頃にはワクチン接種の順番も回ってくるのでは…?って感じです 曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し 青い風に吹かれて明日思う 大空を見上げてごらん サバンナに立つ象の足元 新しいクラスで友だちが 君の中で眠ってる僕 あの大空がむかえる朝 歌え青い空に歌え高い雲に 荒磯の岩かげに苔むした地蔵が まっかな太陽沈む砂漠に カリブに眠る夢たち きのうテレビのニュースで ときにはなぜか大空に 雨上がりの虹を追いかけて 君は傷ついてないかい 暑い八月の海で風に体 林間学校のキャンプ・ファイヤー あの日歌ったメロディー 夏の草原に銀河は高く歌う 肩にくいこむザックに耐えて 風に乗り高く舞い上がる鳥が すばらしいときはやがて去り行き 笑うときには大口をあけて 昨日までの友だちが 花の色雲の影なつかしい 悲しいニュースを聴くたびに 約束しようぼくらはいつまでも 銀の翼をひからせて 心の窓をひらいてごらん 白い光の中に山なみは萌えて 誰も知らない冬の谷間に 曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し 人はただ風の中を迷いながら めぐるめぐる風めぐる想いに ともしび手に高くかかげて 笑顔ひとつ風に残し ふるさとSLマンモスの牙 人は街に戻り山は秋の色よ ポプラの木にはポプラの葉 もしも魔法が使えて 岩をかみしぶきをあげ 空を見あげてみてごらん いつかはこの時が来ると この気もちはなんだろう いま目の前にひとつの朝 ぼくらのまえにはドアがある 雲白くたなびくところ いつか君が僕を守ってくれた 花咲く道でぼくらは歌った みんなで歌おう心を一つにして さあ駆け出そうよ今すぐに さあ駆け出そうよ今すぐに 大きな花をさかせよう さぁ翔け出そうよ今すぐに 未知という名の船に乗り 青い空の下南から風が吹く 青空にむかって僕は竹竿を どんな声も音も歌もどこまでも 妹よ妹よ今夜は雨が降って なつかしき河よモルダウの 野生の馬はなぜ馳けていく 山裾を洗うせせらぎに ほほえみ交わして語りあい 緑の大地を踏みしめて空を見よう 流れゆく雲の彼方まだ知らぬ. Marching forward to victory In the 21st century. We're marching forward to victory In the 21st century. 僕らは進み続ける旅人 咲き誇る種僕の心を 3番目の青い惑星超BIG SIZE Hey yo listen up ギン 今日もありがとう 今も君のあの頃の笑顔で誰かに WOW I WANNA HOW THIS FEELING Day by Day思い出すあの日の トゥルラッタッタッティオー 4本MIC全員集合!琉球! 君の背中をいつもいつも ほら顔あげ少し笑ってそりゃ 振り返れば遥か遠く 僕らこの広い地球で本気で 今年も夏が来る去年より少し ああそうか今日は週末だ. コロナのワクチン早く打ちたいな
何年か前に、従兄弟が頭痛して風邪だと放置してたらで帰らぬ人になったのでそれを思い出して少し焦りますね 最初は病院がいいと思ってたんですけど、それだと、猫が来れないので可哀想
73

68