コントロール 攻略。 弟の門番

10点満点。

一番奥の部屋が開くので、机の上から鍵を入手する。

該当画像の転載・配布等は禁止しております。

誰もが絶対に覚えて欲しい重要なショートカットキー操作 突然、パソコンが固まった!2~3時間作業していたものがパソコンが落ちて消えてしまった! という話もよくあります。

入手したアイテムやポイントは死ぬ前のものが残るので無駄にはならないのですが、プレーヤーの精神を削ってきます。

アンカーが吐いた時計を投擲で核部分に投げつけましょう。

幸い、海外ではPC版が発売されて数ヶ月経っています。

ショートカットキーはカラダで覚えよ! こんなにいっぱいあったら、覚えるのが大変、覚えるのが面倒だからマウス使う、という方が大半です。

序盤のうちにヘルスを上げ、その後から自分にあった超能力を選びましょう。

敵を倒しながら橋を渡り、シェルターの中に入る。

空中浮遊で反時計回りにフロアを移動すれば、余裕をもってアンカーが口を開くのに備えることができると思います。

一通りの能力を入手した後でなくてはいけない場合が多い(特に空中浮遊)ので、後で一気に回収する方が楽だと思われる。

ぶっちゃけ、ストーリーは無いに等しいです笑。

手前にコントロールポイントと:が受注できるインターコムがある。

機密機関の至るところには、ヒスと呼ばれる敵が出現しています。

本サイトでは本タイトル以外にもたくさんのゲームを取り扱っております。

ビデオを再生すると…… 字のフォントが怖く感じる キャターが怖い。

ヒスを倒していくことで、機密機関のポイントを浄化していくのが主な流れです。

操作ポイントとは、チェックポイントのようなもののこと 【Ctrl】は「Control(コントロール)」の略
その過程で、の過去や遍歴などが徐々に明らかになっていきます つまらなくてそこまでやる気が起きなかった
隠されたロケーションとは、その名の通り隠されたエリアのことなのだが、発見する度に能力ポイントを1ポイントもらえるのである 『Alan Wake』や『Quantum Break』の開発を行ったRemedy entertainmentの最新作です
様々なキーと組み合わせて使うことで、はじめて効果を発揮します 脇に5と書かれた扉を開けた先を、足元に注意しながら少しずつ降りていく
『』のように、わかりやすい恐怖の演出はなく、よくわからない世界観が延々と展開されます だからこそ怖い の脅威に侵略されたニューヨークの機密機関で、あなたは新たな指揮官として「CONTROL」を取り戻すため立ち向かう
突き当りまで行ってから右手に進み、エレベーターで4階に向かう ゲームを始めて一時間ほどで心折れる人も少なくないのではないでしょうか
通常時は姿が見えず、唐突に近くに出現して攻撃してくる 注意事項• 半分ぐらいの能力は序盤のサイドミッションで入手することになるので、その点はやや注意
公式処理手順 (ブロンズ)|発射を使用して、グレネードかロケットを投げる 投擲能力で、相手のグレネードかロケットを投げ返すだけ エグゼクティブセクターの「セントラル・エグゼクティブ」にいるマーシャルに話しかける
ラジオ、額縁、ポッドにアクセスして動かせばいい 一番奥の部屋で額の付いた絵画にアクセスして正しい位置に戻す
認知侵入者 (ブロンズ)|捕獲能力で10体の敵を圧倒する 正しくは「洗脳」の能力 どれぐらいのペースで発生するのかは不明だが、クリアする過程で十分すぎる程度には発生するので、発生し次第優先的にクリアしていけば問題なく終わるはず