狭山 事件 犯人。 『狭山事件』の真相と謎。石川一雄の現在や真犯人とは?

次男 1944年(昭和19年)~1977年(昭和52年)享年33歳 詳しくは下記
後頭部には生前に負ったものと思しき裂創があり、おそらく転倒の際、角のある鈍体に衝突して生じたものと推定された また石川一雄が犯人であるという物的証拠も警察の捏造です
石川さんは事件当時 ほとんど文字を書けなかった 信じるか信じないかの判断はお任せいたします
この4ヶ月ほど前、石川さんは裁判で死刑判決を言い渡されていますが、その結果にショックを受けていたとされています 蛍光X線分析は、物質にX線をあてると含まれる元素に固有のエネルギーの蛍光X線が発生することを利用して、物質に含まれる元素を分析するものである
この本では、基本的に石川一雄さんがいかにして犯人に仕立て上げられていったかと部落差別の問題に焦点が当てられている 死を考える親から、よい子など生まれません
しかし、昨年、同じ著者の殿岡駿星氏がほぼ同じ内容で『狭山事件の真犯人』(デジプロ¥1,890)を出版した 昭和19年(1944年)生まれ(?)
18