đŸ‘€ã‚¤ãƒœ č‡Ē分 で 取る。 頭ぎイボを取ãŖãĻもそこãĢはぞた毛がį”Ÿãˆã‚‹ã€‚

éŖ˛ãŋč–Ŧで免į–ĢがčŗĻæ´ģされ、äŊ“がã‚ĻイãƒĢ゚を排除したįĩæžœã€ãŊろãŖとイボが取れãĻしぞうぎです。

【水いãŧ】 ポック゚ã‚ĻイãƒĢã‚šãĢ感染することでį™ēį—‡ã™ã‚‹ã‚¤ãƒœã§ã™ æ´ģ性酸į´ ã¯äŊ“内ãĢäžĩå…Ĩしたį´°čŒãĒおを取り除く働きもあり、äēē間がį”Ÿãã‚‹ä¸Šã§åŋ…čĻä¸å¯æŦ ãĒもぎです
それはäēēæ°—ãŽå¸‚č˛Šč–ŦでもクãƒĒãƒŧムでもåŖã‚ŗミでæ‚ĒいåŖã‚ŗミをæŽĸせばčĻ‹ã¤ã‘ることができぞす éĻ–イボはäŋæšŋでは取れãĒいぎでæŗ¨æ„ãŒåŋ…čĻã§ã™
脂æŧæ€§č§’化į—‡ãŽæ˛ģį™‚æŗ•īŧšæ‰‹čĄ“、æļ˛äŊ“įĒ’į´ ãĒお č‡Ēåˆ†ã§å–ã‚‹åĄ—ã‚Šč–ŦãĢはãƒĒ゚クも 選択č‚ĸãĢは大きく分けãĻナジã‚ĒæŗĸãƒĄã‚šã€į‚­é…¸ã‚Ŧã‚šãƒŦãƒŧã‚ļãƒŧã€æ‰‹čĄ“ã€æļ˛äŊ“įĒ’į´ ãŒæŒ™ã’られぞす č‚ŒãŒäšžį‡ĨしãĻいるとバãƒĒã‚ĸ抟čƒŊがäŊŽä¸‹ã—ã€č‚ŒãĢå‚ˇãŒã¤ãã‚„ã™ããĒりぞす
įĩčĢ–ですが、毛はぞたį”ŸãˆãĻきぞすぎでご厉åŋƒãã ã•ã„ ãĒãœéĄ”ãĢイボができãĻしぞうぎでしょうかīŧŸéĄ”ãĢできるイボãĢもį¨ŽéĄžãŒã‚り、原因もそれぞれ違いぞす
ぞた、そぎãģかãĢã‚‚č‚Œã‚„į˛˜č†œã‚’æ­Ŗ常化し、ヨクイニãƒŗぎイボを取る劚果をã‚ĩポãƒŧトする、ビã‚ŋミãƒŗBīŧ’ã‚„CãĒおぎビã‚ŋミãƒŗ剤が一įˇ’ãĢåĢぞれãĻいるéŖ˛ãŋč–Ŧもありぞす å¸‚č˛Šč–Ŧでもæ˛ģį™‚ができぞす
į‰šãĢč€åŒ–ãŒåŽŸå› ãŽč€äēē性イボãĢ劚果įš„です ゚イã‚ĢぎįšŽãĢčĩ¤ã„原がčĻ‹ãˆã‚‹ãžã§įŠ´ã‚’開けãĻそれをįŠ´ã‚’åĄžãã‚ˆã†ãĢį¸ĢうぎはįŠ´ãŒåēƒãŒã‚‹åŠ›ãĢæŠĩ抗するすごい力がčĻã‚‹ãŽã§ã™
ã‚ĻイãƒĢã‚šæ€§ã‚¤ãƒœã¯ã€Œč‰¯æ€§č…Ģį˜ã€ãŽä¸€į¨ŽãĒぎでåĨåēˇãĢ大きãĒåŽŗã‚’ã‚‚ãŸã‚‰ã™åąé™ē性はäŊŽã„ぎですが、攞įŊŽã—ãĻおくと大きくãĒることもある厄äģ‹ãĒ存在です 垌ãģお、一į•Ēã‚Ēã‚šã‚šãƒĄãŽį°Ąå˜ãĢéĄ”ã‚¤ãƒœã‚’å–ã‚‹æ–šæŗ•ãĢついãĻčŠŗしくį´šäģ‹ã—ãžã™ãŽã§ã€ãœã˛ããĄã‚‰ã‚‚ãƒã‚§ãƒƒã‚¯ã—ãĻくださいね
æœŦåŊ“ãĢä¸Šč¨˜ãŽã‚ˆã†ãĒæ–šæŗ•ã‚„、クãƒĒãƒŧãƒ ã‚’åĄ—ã‚‹ã ã‘ã§éĻ–イボが取れるぎであれば、こんãĒį´ æ™´ã‚‰ã—いことはãĒいですよねīŧ でも、最初ãĢハッキãƒĒį­”えを書いãĻしぞうと、 éĻ–イボは、クãƒĒãƒŧムやジェãƒĢでは取れãĒいです ã—ã‹ã—č„‡ãŽä¸‹ãĢできたイボぎ場合は䞋外で、イボã‚ŗロãƒĒãĒおぎã‚ĩãƒĒチãƒĢ酸å…Ĩりぎč–Ŧ品ãĢは 「įšŽč†šãŽč–„い部分ãĢはäŊŋį”¨ã—ãĒいでください」とæŗ¨æ„æ›¸ããŒã‚りぞす
č–ŦとはãĒãŖãĻいぞすが、ã‚ĩプãƒĒãƒĄãƒŗトãĢčŋ‘い性čŗĒを持ãŖãĻいぞす ここぞで大きくãĒãŖãĻも、ã‚ĸクロã‚ŗãƒĢドãƒŗやčģŸæ€§įˇšįļ­č…Ģã¨åŒã˜ã€Œč‰¯æ€§č…Ģį˜ã€ãĒぎでį—›ãŋは全く感じぞせん
化į˛§æ°´ã‚„äšŗæļ˛ã€ã‚ĒイãƒĢãĒおをつかãŖãĻしãŖかりとäŋæšŋするようãĢしぞしょう 毛もしãŖかりį”ŸãˆãĻいぞす
38

č„‡ãŽč‰˛į´ æ˛ˆį€ã‚’攚善する斚æŗ•ã¯ã€į—‡įŠļと原因ãĢよãŖãĻį•°ãĒりぞす。

äŊ“内から垐々ãĢイボãĢ働きかけるため、ã‚ĩãƒĒチãƒĢ酸ぎようãĢįšŽč†šã‚’å‚ˇã‚ã‚‹åąé™ē性は全くありぞせん。

éĄ”ãŽã‚¤ãƒœã‚’å–ã‚‹å‰ãĢč‡Ē分はおぎイボãĒぎかをしãŖã‹ã‚Šã¨æŠŠæĄã—ãĻおきぞしょう。

。

æ‚Ē性ぎイボではありぞせんが、į›ŽįĢ‹ã¤ãŸã‚éĄ”ãĢできるとかãĒり気ãĢãĒりぞす。

49 52