アメッシュ 神奈川。 【一番詳しい】神奈川県海老名市 周辺の雨雲レーダーと直近の降雨予報

ただ、広島でもそうでしたが、数時間前には予測できていました。
特に遠くから来たのにも関わらず大雨に降られたなんてことがあったら困ってしまいますよね 「リアルタイムレーダー」は、まさに日本全国のアメッシュといった感じです
『東京アメッシュ』はネット版とアプリの両方があり、東京都を中心に神奈川、千葉、埼玉、山梨、静岡県の一部の雨の観測状況を5分間隔で表示する しかし、国土交通省が近年の豪雨対策として、XバンドのMP(マルチパラメータ)レーダーを用い雨量観測する「XRAIN(エックスレイン)」を運用しています
2時間前から30分単位で雨雲の流れを見ることができるので、移動先の雨の状況や雲の流れからある程度先の天気が予測できます 周囲に雨雲が発生していないことがわかれば、安心して傘ナシで出かけられます」 「予報」を見るのはiPhoneの天気アプリと、絵がかわいいLINE天気を使い、「現状」を確認するのは、アメッシュと、地方ではMPレーダを使っているという小口さんのように、最近の天気予報は用途によってお気に入りを見つけるのがお勧めのようだ
これで帰り際の心配も少し軽くなるかもしれませんね 東京アメッシュと名前を使われてるアプリはありますが、東京下水道局が運営しているわけではないようです
ただし更新間隔は5分に1回です 紹介1:XRAIN 1つ目に紹介するのはXRAINです
東京アメッシュと同じ大阪や埼玉、全国のサービス 東京アメッシュというサービスをご存知でしょうか? これ、東京の雨降り状況をリアルタイムで見れるという超便利なサービスで、会社から帰るときにこれから雨がふりそうかどうかをチェックしたり、ゲリラ豪雨の状況を見たりといつもお世話になってます 雨の強弱が色で判断できて、ビジュアルで把握できるのもいいですね」(小口さん) 関西では『東京アメッシュ』に似たサイトとして『大阪市降雨情報』がある
ゲリラ豪雨を予測できるサービスなので、東京だけではなく神奈川県でも使えたら神奈川県に住んでいる人にとってはありがたいですよね 雨の強さは10段階に色分けされて表示されているので非常に分かりやすく、最新式のMPレーダーで、1時間1ミリ以下の弱い雨を観測できるようになったことから、降りはじめのわずかな雨もわかるようになりました
でなきゃトレンド入りしませんよね 「東京都下水道局が運営する『東京アメッシュ』は、レーダーと約150台の地上雨量計を元にしているので、どこで雨が降っているかが正確に出ます
まず降雨情報システムとはなんぞやという話だが、簡単に言うと現在の雨の状況を教えてくれるもの 色ベースで判断すると思ったよりも強く降っている場合があるので要注意
2つ3つチェックすることで、カブった予報は確度が上がりますし、もし晴れ、曇り、雨と3つの予報に別れてしまったら、どちらにも対応できるように準備して出かけるといいですね」(増田さん) 気象予報が自由化されて20年 昭和63年度より、降雨情報システム「東京アメッシュ」を導入が開始されました
67
大まかにはここで把握できるのですが、もう少し拡大で見たいときは各地方で見たほうがいいかもです ただし更新間隔は5分に1回です
レインアイよこはまレーダ雨量情報 横浜市を中心に神奈川と東京の一部の降雨情報を見ることができます• 今は各社が高いレベルで精度を競っている状況ですので、その中で、表現の仕方が自分に合った天気予報を見るのがいいと思います 神奈川県を中心としたアメッシュのサービスはまだないのが少し難点ですが、便利なサービスであることには間違いないので、活用してうまく突然の天候悪化に備えましょう
アメッシュは突然の雨の不安からあなたを守るお手伝いをしてくれるかも ちなみにCバンドレーダーとXバンドレーダーの特徴比較を載せますので、参考にしてください
また公式ではありませんが、それぞれモバイル向けアプリも出ているのででも利用可能です 残念ながらアメッシュは東京アメッシュのホームページに 「東京アメッシュ及びアメッシュは東京都の登録商標です(商標登録第5240919号、商標登録第5240920号)」 と記載されていますから、東京都以外に東京アメッシュ及びアメッシュという名前での降雨情報システムは存在しません
アメッシュは突然の雨の不安からあなたを守るお手伝いをしてくれるかも これが東京アメッシュの始まりです
色ベースで判断すると思ったよりも強く降っている場合があるので要注意 小口さんが活用しているのは、iPhoneにインストールされている天気アプリのほか、東京都下水道局が運営しているWEBサービス『東京アメッシュ』と、国土交通省が降雨観測情報を配信しているアプリ『XバンドMPレーダ』だという
ちょっと画面が荒いけど、これで大阪でも安心w• 「『東京アメッシュ』も『XバンドMPレーダ』も、直近の状況を正確に把握することができます その計算の元となる気温がそれぞれの会社で違ってきた時に、雪の予報と雨の予報と違ってくることがあるのです」(増田さん) 情報ソースの違いによりどうしても出てしまう予報の差異
14