画面 キャプチャ。 「WinShot」定番の画面キャプチャー

52

また、撮った直後のキャプチャー画像を専用ビューワーで表示して、印刷や加工などの処理を行うことも可能。

ペンの太さや種類、他の色で描くときは「カスタイマイズ」で設定して「カスタム」を選択します。

順に詳しい方法を解説していきます。

ゲーム録画中、録画画面に図形、テキストなどを追加すること。

ファイル名を指定して実行から開く• キャプチャ後の動作(印刷、保存等)を含めて1発で指定できるため操作性がよく、同じ作業を反復して実行するとき等には特に便利です。

全画面キャプチャ「Printscreen」 いま表示されている画面全体をキャプチャしたいときは「Printscreen」を利用するのが最も簡単です。

操作方法の解説用など、資料用にデスクトップの操作を撮影している場合は、マウスカーソルを表示させたり、クリックしたときのマウス効果を加えたりすることで、よりわかりやすい動画を作成することができます。

マウスカーソル入りのキャプチャを撮影したいときは、[Option]タブの[Include the cursor in the screenshot]にチェックを付けます。

<目次>• 半透明の画面を撮影すると、裏にあるウィンドウの柄が透けてしまいますよ。

Winshotを起動すると、タスクバーにアイコンが表示されます。

23