ツイン パワー c5000xg。 20 ツインパワー 4000XGのスペックとインプレ

感動的な軽さ 釣具屋で初めてこのリールを手にした時に、あまりの軽さに感動をしました。

1日の中で様々なポイントに移動したり、回遊を待って投げ続けるような釣りに最適と言えるでしょう。

魚の引きに負けることなく、安定してリールを巻くことが可能です さらに、剛性に優れた金属ローターは、ステラを彷彿とさせる安定した巻き心地を生み出し、永続的に滑らかなリーリングをも可能にする
しかしながら2017年の発売から3年以上が経過し、新たにモデルチェンジした20ツインパワーと比較すると新技術が搭載されていない分、旧モデルの設計であることは否めません SW5000ほどの防水性や強さはなくとも、とにかく操作性、軽量化を重視ならこのモデルです
5-400、2-300、3-200• かっけぇし、ボディはガッチガチだし、金属ローターの巻き心地は最高だし ローターの違いによる巻き感の差は実際に巻いてみないとイメージしづらいものですし、この2台で迷われている方は、一度店頭で触れてみることをおすすめします
搭載箇所はラインローラー部とボディ(ローラークラッチ)部となりますので、どのような場面でも安心して使用することが出来ます - m 4-190, 5-150, 6-125, Fluoro No. 高剛性・高耐久ツインパワー
ということはボディは同じです 2 inches 57 mm• 特に感じたのはラインローラーの耐久性であり、数多く釣行を重ねても潮嚙みによるシャリシャリ音等は出ず、購入した時のフィーリングのまま使用できている点はより耐久性に優れるツインパワーSWに近いものがあると感じました
【半プラ】前作からどう変わった?20ツインパワー4000XGについてインプレ シマノの20ツインパワー4000XGについてインプレッションしていきます カーボンクロスは負荷の大きさに関わらず滑らかな滑り出しを維持し、摩擦熱によるドラグ性能の変化も抑えられるという特徴があります
今後購入を検討されている方で 巻きの軽さを重視しない方は、20ツインパワーの購入が無難と言えます 相違点であるハンドルノブは間違いなくラウンドタイプの大きい方が手に馴染みやすく力を伝達しやすいのは言うまでもありません
57
ハマチの強い引きにもギィ~っという音とともに出ていくラインと受けとめるパワーも滑らかです。 このリールのメインターゲットはライトなショアジギングです。 ちなみに、 モノコックボディに大径ギアが入った19セルテート。 5000番のリールは大きめの魚のみを狙う印象がありますが、実際は非常に 汎用性の高いリールです。 最近流行の軽量リールとは違う。 ネット上で悪口も見ないし、個人的にもかなり気になるリール。 買ってすぐは、巻き重りがするな~と思ってました😅 巻いたときのノイズもあり、微妙かなーと思ってましたが、しばらく巻いていると、グリスが馴染んだのか、とても滑らかな巻き心地になりました😁 写真で見るより外観もかっこ良くて、どんどん好きになっていってます🎵 一番重要な点は、耐久性です。
32
まあ、自分でも「なんじゃそりゃ」と思うけど、 ベールって幾度となく動かすパーツで、かつ、ステラからストラディックに持ち替えた時に 「あのカッチリ感が欲しい」 と思ったくらいなので、個人的には結構大事なポイントなのよ。 前作から素材が大幅に変更され、ハーフメタルボディ(半プラボディ)が物議を醸しましたが、ローターの剛性が向上したことで、十分安心できるリールに仕上がっています。 他にも、たわみや歪みを抑制し、キャストする際にリールスプールがぶれることも無くなり、フッキングやドラグ性能、調整の向上にも貢献します。 今度このタックルでヒラマサ狙ってみたいと思います🎵. 17ツインパワーXD C5000XGが向いていない人 逆にオフショアでの釣りをメインとされている方や大物が多いエリアでの釣りを検討されている方にはおすすめできないリールです。 ギアの歯、一つ一つの歯面から設計を見直し、理想的な歯形状を追求しています。 ただ、 「リ ールに6万ってちょっとクレイジー」という、もう一人の自分の意見もあり、 もういいやって思ったから断念。 確かな技術力による圧倒的な強靭さで、釣り人の様々な戦いを支えています。 所有欲を満たしてくれる• それがこれまで4000XGを使っていた自分が20ツインパワーからC5000XGにした理由です。 フルメタルボディのリールにこだわりたいという方にデメリットですが、実用的な剛性と軽さが両立しているのはメリットといえるでしょう。
91