かわ じん 閉店。 東京・柴又の老舗料亭閉店 コロナで飲食店苦境の中

11代将軍・徳川家斉の時代だ。 脚注 [ ]• 「口に合うかい?」 おいしいです、と答えると、天宮さんはうれしそうな表情を浮かべていた。 三品食堂・北上昌夫店主「宣言が出ちゃったもんだから、またがくっと落ちちゃって。 創業は、寛政2年(1790年)。 「コロナが落ち着いたら、こんどは一杯やろう」 天宮さんと再会の約束をし、「川甚」をあと にした。 川甚の敷地面積は約3400平方メートルで4階建ての本館(1964年築)と3階建ての新館が並んでいるが、区の構想では老朽化している本館は解体し、新館を展示施設として整備する方向で検討している。 食事中、天宮さんが私のもとにやってきた。 その足で帝釈天へと向かい。 川甚の鰻の骨を生地にたっぷりと練り込み、鰻のタレと特選山椒をまとわせた葛飾新名物『うな煎』 下記サイトよりご注文いただけます。

閉店を惜しむ声に、天宮さんは「地域やファンの支えでやってこられた。

東京の花見の名所「千鳥ヶ淵」。

自分の責任です」と繰り返し説明していた。

なぜ、すべて自分の責任として背負おうとするのか。

葛飾区観光課の学芸員谷口栄さん(59)は「東京の川魚料理を代表する川甚がなくなると、日本の食文化に親しむ機会が少なくなってしまうのでは」と危ぶむ。

そして、その名を一躍世間へと広めたのが、日本が誇る名作映画、「男はつらいよ」の第1作で、寅さんの妹・さくらの結婚披露宴の舞台として登場したことです。

店閉めるよりもやっぱり悔しいね、それは。

天宮家に代々伝わる「おきて」だ。