アムロ と シャア。 逆襲のシャア 全せりふ 前半

シャアとの確執 一年戦争での邂逅から、シャアとは浅からぬ因縁を持っている。

「このくらいッ!」• あの人がこんなに早く隕石落としをしなければ、こんな事にはならなかったわ」 「これね?」 オクトバー 「はい」 チェーン 「ん」 クェス 「…」 クリスチーネ 「…」 青年A 「おい」 クェス 「あっ」 クリスチーネ 「…」 「あたし達が何したっていうの?」 警察官A 「未成年者をかどわかして。

ナイスかけあい。

彼女はずっと地球なのです」 カムラン 「そうですか」 ブライト 「何か?」 カムラン 「どなたにお話をしたらよいか迷いましたが、シャアがこのコロニーにいるのです」 ブライト 「…なんです?」 カムラン 「シャア・アズナブルがこのコロニーで、連邦政府の高官と会ったのです」 ブライト 「アデナウアー・パラヤにですか?」 カムラン 「彼だけではありません、ほかにも数人。

シャトルはすぐに出ますよ」 ハサウェイ 「でも」 ミライ 「あなたは男の子よ。

「させるかーっ!」 (シャア) 出た!これまた名セリフ中の名セリフ! ザクを目の前で撃破されてブチ切れるシャア。

第5話 シャア シャア とどめだ! ガンダムをロックオンした場面での一言。

ふふっ向こうの運がよかったのかな。

地球連邦政府の秩序を乱すものだ。