中国 高級 車。 中国第一汽車の最高級車「紅旗 H9」が日本に上陸中か…背景を探ってみた(carview!)

アジアや中東、欧州などの一部地域へ輸出される事例は過去にもありましたが、世界的に見ても自動車市場としては成熟している日本において、中国車が正規輸入された事例は皆無です。

しかし、そうした民族系自動車メーカーは、当然のことながら自国の国民に移動するためのアシを供給するのが目的のため、これまで積極的に輸出されることはありませんでした。 19

中国から輸入して日本で頑張って登録しようとして各種の手続きを頑張ってみたけど、結局は不可能であることがわかり、中国に送り返した… 出典:くるまのニュース 車が到着した港は、横浜ではなく関西の港のようです。

とはいえ、実際の状況はカテゴリーごとのばらつきが大きい。

2012年4月23日にをベースとするが発表され、中央政府及び地方政府幹部の公用車となった。

2015年9月に開催されたでは、H7にエスコートされる形で習近平が乗った最上級モデルのが登場した。

Hシリーズ」は複数のモデルから形成される高級車群となり、従来のガソリンエンジンに加えて、純電動(EV)やプラグインハイブリッド、燃料電池などさまざまな「新能源(日本語で新エネルギーの意味)」車をラインナップしています。

しかし、輸入高級車が全体的に低迷している中、ベンツは不動の強さを見せている。

その歴史は古く、1953年に創立し1958年から「東風」と「紅旗」というブランドで、中国共産党幹部などの政府高官向けに高級車を提供し続けてきました。

しかし一方で、高級車の需要は安定的に拡大している。

であれば、続いて日本に来るというのは本当なのでは? ダメもとで中国大使館に電話をしてみたところ…、大阪にある中国総領事館を紹介され、なんと、運よく輸入元の会社につないでもらうことができた。

2006年11月16日、をベースとするが発表された。

21