労働 分配 率 と は。 労働分配率とは~計算式と適正な数値~|会計ソフトはフリーウェイ

【2015年4月】 売上高 8,000万円 粗利益(50%) 4,000万円 人件費(年収600万スタッフ3名) 1,800万円 労働分配率 45% 【2016年4月】 売上高 1億円 粗利益(45%) 4,500万円 人件費(年収600万スタッフ4名) 2,400万円 労働分配率 53% 2016年4月の状況では売上高は順調に伸びていますが、粗利益率が低下しているため売上げを伸ばそうと、目標達成のためにスタッフを増やしたので、人件費が高まっていることがわかります。

気づくのが遅れるほどに影響が大きくなるため、労働分配率は常にモニタリングすることが大切です。

会社の付加価値とは企業が獲得した収益の事だが、端的に「売上総利益」、いわゆる粗利のことだ。

このように労働分配率は、高すぎても低すぎてもよいものではなく、適切な水準に保つことがとても大切です。

しかし、従業員への給与の他にも、社会保険料の会社負担分や、社員人数分のデスクスペースが確保できるオフィス、事務機器などが必要です。

労働分配率が高すぎれば、当然に利益は出にくくなります。

お問い合わせフォームからお願い致します。

労働分配率が適正水準より高い場合は、人件費の割に収益が少ないか、収益の割に人件費が多いか、のどちらかの状態に陥っているということなので、収益改善と同時に労働効率の改善を進めることが必要である。

労働分配率のある事例 売上が前年比300%増加している経営者との会話で労働分配率の話になりました。

良好な労働分配率を保つには、日頃から労働生産性を追求する姿勢が大切である。

労働分配率の高い業種「コールセンター」 労働分配率が高い水準の労働集約型の代表例は「コールセンター」である。

14