計画 無痛 分娩。 計画無痛分娩レポ

病院到着後はまず検温と血圧測定。 その堪えるような仕草が可愛くもあり、でもかわいそうで、抱きしめてあげたいけど麻酔が効いていて分娩台にいたので、頭を撫でてあげることしか出来ず辛かったです。 師さん曰く「今日は5人くらい出産する予定だから、すごくバタバタしてるのよね〜」とのことで、忙しそう。 計画分娩のほうが痛みが出てきたらすぐに麻酔を開始できるというメリットはありますが、陣痛も来ていない段階から陣痛促進剤を投与するため、促進剤を投与したのに陣痛が起こらなかったというケースも生じます。 しかし、次の検診時に「自然のタイミングは待たず、計画分娩にしてください。
62
特に総合病院ではその傾向があるように感じられます。 産後はどれくらい痛さが続くのか 会陰切開をしているので、翌朝も痛みは続くので 円座がないとしんどいですし、子宮が元の大きさに戻そうと収縮していくときの痛み(後陣痛)がします。 また、心音を測るモニターは40分程度つけますが、その間に翌日の流れや入院中の食事、付添人の宿泊についてなどについて看護師さんが説明をしてくれます。 自然に陣痛が始まるのを待つため、必ずしも陣痛促進剤を必要とはしませんので、より自然なお産に近いといえます。 ただし、人為的に陣痛を誘発する方法ですので、必ずしも計画通りに分娩できるわけではないことに注意が必要となります。 私は19年秋に無痛分娩で娘を出産しました。 6%となっています。 硬膜外麻酔というのは背骨にある硬膜外腔という場所に直径1mm程の細くて柔らかい管を入れ、そこから薬を投与する麻酔方法です。
16