音楽 記号 アクセント。 音楽記号アクセントについてです。アクセントにはいろいろな種類がありますがどう...

次第に使われるようになっていったものの、18世紀末~19世紀初期まではまだこれを使わず、スフォルツァンドやフォルテの記号を使う人も多かった、とあります。

徐々に強くしてゆく。

スフォルツァンド よりは弱い。

アクセントにしちゃ長すぎますよね?でもこれをアクセントとして演奏したり、出版までしちゃったりしているようです。

スフォルツァンド 付与音のみに強勢をおいて 発音後に強弱を転じることのできる楽器においては、瞬間的な強勢後、音勢を急激に抑える。

メゾ・スタッカート mezzo staccato テヌート・スタッカート tenuto staccato スタッカートより 十分音を長く保って音を切る、もしくは柔らかく切る奏法。

その音を強く。

指揮の先生が作曲家の三善晃先生を崇拝してらっしゃることから、どうも由来はその方なんだろうなあとは思ってましたけど、三善先生は現役の方ですし、そんなにこの名称が一般的なんでしょうか?? それで、思いついてネット検索してみたら、日本の合唱界では一般的な用語のようですね。

この中で今現在、一般的な解釈なのは2の「 強く短く」演奏するという解釈ではないでしょうか? クラシックの世界ではアーティキュレーションの解釈はその曲が作られた時代や国や作曲家によって異なるため議論の対象になることが多いです。

86
のあとでは一般に反復は省略される。 富山県• sfz スフォルツァンド fzよりもさらに強調するものがsfz(スフォルツァンド)です。 decresc. 音楽でも言葉と同じように、 ロボットのようにならないよう、 アクセントのある印象的で、 自分らしい演奏をしていきたいですね。 その音のみ伸ばす。 入力の便宜をはかり,小文字アルファベット(a~z)には,良く使う音符休符などを, 大文字のアルファベット(A~Z)には,音楽用語を記述するイタリックのアルファベットを その他半角記号には,その他の音楽記号を割り当ててあります。 (プロポーショナルフォントであり,TypeCraft ver. この場合はcresc. 楽譜に表すとの様に演奏することとなる。 プラルトリラー (逆モルデント) その音—2度上の音—その音のように音を揺らす。 メゾ・スタッカート 音を保ちつつ切り離す のように書かれる。 コンマの上に書かれた場合は、息継ぎが伸ばされる意味となり、拍を数えない空白が挿入される。 長く伸ばして欲しい箇所• ただし、省略可能な部分にこの記号が書かれることもある。
49