モナ リザ。 mk-news.co.uk : 「モナリザと目が合う」現象、実は存在しなかった? 独研究

2004年に歴史家ジュゼッペ・パランティが『モナ・リザ、無邪気な女性 Monna Lisa, Mulier Ingenua 』を出版した。 インスタ映え重視の今では考えられない背景ですよね。 《アラゴンのイザベラの肖像》はスイスで個人が所有しており、詳細はよく分かっていない。 Chaundy, Bob 2006年9月29日. イザベラ・デステ説 モデルがイザベルであることを支持する証拠は以下の二つになります。 研究者はこの結果について、「モナリザ効果は間違いなく存在する」「だがモナリザに限っては、それは起きない」と指摘している。 故に映画やテレビでもよく取り上げられますよね。 官能的に波打つ髪と衣服は、うねるように表現された背後の谷や川と調和している。 現在は個人蔵となっているレイノルズの「モナ・リザ」だが、2006年にので一般公開された。 春はよく咲くが、夏以降はシュラブ状にシュートが伸びて花つきは少なくなります。
51

左腕が乗せられた椅子の肘掛が『モナ・リザ』と鑑賞者とを隔てる役割を担っている。

これらの作品から、レオナルドが描いた裸身の『モナ・リザ』が存在していたのではないかとする説がある。

は、『モナ・リザ』の著名性に目を付けた。

彼女(リザ)は宗教的イメージではなく、この絵画に心惹かれる文学趣味の観客の多くは男性である。

フォクト=リュールセンは『モナ・リザ』に描かれている濃緑色の衣装は、この女性がの一員であることを示唆しているとし、『モナ・リザ』はミラノ公に輿入れしてきたイザベラを描いた最初の公式肖像画であり、1503年ではなく1489年の春か夏に描かれた作品であるという説を唱えている。

Livingstone, Margaret. 描かれている女性の特定にもさまざまな説があり 、「リザ」のモデルではないかといわれた女性は10名以上の名前が挙げられている。

11 45