義母 と 娘 の ブルース 最終 回 チケット 意味。 【ネタバレ感想】義母と娘のブルース最終話|奇跡が満載のチケット

そして次にヒロキとみゆきは公園のベンチでキスをするシーンで、 高校が舞台の話は完結します。

やはり、続編がどうなるのか。

やはり、オファーを受けるのを悩むのはみゆきの存在か。

それに対しみゆきは 「母は人生のどこにいるのかわかっていない。

亜希子は大阪、娘・ みゆき(上白石萌歌)は東京と、離れて暮らしていた。

そのチケットには、たくさんの奇跡が詰まっていた。

お互いがお店の曲を気を使った結果演歌になってしまったのも面白かったです。

このいずれかの展開となる可能性は大きいです。

みゆきの気遣いに悔しさを感じる亜希子。

第2シーズンを作るほどのボリュームはありませんから、 おそらくこの3つのパターンにおさまるはずです。

最終回だけあって見所たっぷりで あることは間違いありませんね! 10年後の続編はある? あらすじや予告動画通り、ドラマ版『ぎぼむす』が 10年間のストーリーで完結するのであれば、 原作漫画でのその後が描かれないことになります。

店が閉まってから戻ってきた亜希子と二人で話す麦田。

とはいえ、全10回のドラマで、第1話から第9話まで微妙な出来で最終回だけ辻褄が合うありがちな作品と、9話まで楽しませてくれて最終回だけ微妙な作品と、どちらが良いかは明白である。

」とありました。

必死に働いて出世したが、心にはぽっかりと穴が開いていた。

みゆきは大学へ進学してひとり暮らしを始め、麦田の店でバイトをすることに。

46