ミカエリス 定数 と は。 ミカエリスメンテン定数

36
表記が似ているが、Michaelis-Menten を学ぶ上では、まず反応速度定数をしっかり理解することが重要。 しかし、永遠に大きくなるのではなく、一定のところで反応速度は頭打ちになり、ついには一定になります。 2 のアロステリック部位は、基質を結合する。 ちなみに [E] は「酵素濃度」ではなく「基質と結合していない酵素濃度」なので、単純には測定不可能。 ミカエリス定数とは、酵素と基質の親和性を表す指標です。 このように、基質濃度[S]を変化させると、酵素反応速度も変化することから、さまざまな基質濃度[S]における初期反応速度v 0を求めることにより、ミカエリス・メンテン式で表される曲線を得ることができます。 K m:所定の条件下において、最大反応速度の半分の速度が認められる基質濃度[S]です(図1)。 強く結合する阻害剤 tight binding inhibitors 酵素への結合が強い阻害剤の場合,[I]が[E]と同程度で実験することになる。 両方定数なのですね。 phだけでなく、温度も酵素の働きに影響を及ぼします。
48