文教堂 溝の口。 文教堂書店溝の口本店(川崎市高津区久本)の口コミ13件|エキテン

53
書店員:「文教堂書店」のレビュー 文教堂 文教堂|溝ノ口本店 話の謎!『大國主』こと… 今年2013年は伊勢神宮、出雲大社の遷宮が重なるミレニアムイヤーということもあり、近年稀に見る神社ブーム 購入相談や取寄せなどにも即、応じてくれるのも嬉しい
以前は丸井ファミリー溝の口の東急ハンズで取り扱いがあったのですがハンズが撤退してしまい、意気消沈していたところ文教堂に並んでいて感動しました おまけに東急電鉄の電車カードも貰えました
いろんな種類があり選ぶのも迷ってしまいますね スサノオと大國主との関係、そして出雲大社の成り立ちの秘密
特集コーナー、イベントも また本、書籍販売でも、例えば「店長が社長に読んで欲しい1冊」を紹介するコーナーや「大山街道の歴史を知る」というテーマで関連商品を陳列する一画を設けるなど、特色ある売場構成になったのも魅力の一つ お子様にはいろんな色があることを幼いうちから知って欲しいなぁ
店舗は200を超え、売上も500億円に達したのですが リーマンショックで資金繰りが悪くなり、同窓で親しかった 大日本印刷の社長に依頼して新株を引き受けてもらったとのこと 卑弥呼や邪馬台国の謎まで安彦先生ならではの斬新的な視点で描かれている
「ここに行けば必ずある」という存在であり続けて欲しいです 「読書の秋」にピッタリの1冊を求め、気軽に足を運んでみてはいかが?. さらに試し書きなどで使い勝手を実感できるのも、ネット通販等にはないメリット
特集コーナー、イベントも また本、書籍販売でも、例えば「店長が社長に読んで欲しい1冊」を紹介するコーナーや「大山街道の歴史を知る」というテーマで関連商品を陳列する一画を設けるなど、特色ある売場構成になったのも魅力の一つ 嶋崎さんは朴訥な人柄で、一代で家業を上場させたという感じは 受けないのですが、書店のチェーン展開では日本の先駆者で 相模原への出店の決断が今に至っている原点だと思いました
「ここに行けば必ずある」という存在であり続けて欲しいです 私たちの願いは、お客様の生活をより豊かに、毎日を活き活きと送ることができるように、さまざまな情報を提供していくこと
おまけに東急電鉄の電車カードも貰えました 今後、店内イベント等も適宜行われる予定だという
本は多く売ったところから優先的に供給されるそうで 多店舗化で売上が伸びるとその分、売れ筋の本が入荷できて 更に売れるという好循環になり、その後急激に伸びて 平成6年にはジャスダック店頭上場を果たしました 文教堂は明治31年(1898年)の創業で今年114年目
80